iPhone14 Proのカメラバンプを切り落としたら機能するのか?実験動画が話題

投稿日:

by kenji

TechRax/YouTube

iPhone14 Proは高性能な背面カメラが搭載され、iPhone13 Proよりも大きなカメラバンプが特徴です。

YoutuberがiPhone14 Proのカメラバンプを切り落としたら機能するのか実験した動画が公開され、話題になっています。

iPhone14 Proのカメラバンプを切り落としたら機能するのか?

iPhone in Canadaによると、iPhone14 Proのカメラバンプを切り落としたら機能するのか実験した動画を公開したのは、YouTubeチャンネル「TechRax」。

iPhone14 Proは背面の48メガピクセルのカメラアレイ用のスペースを確保するように設計されており、iPhone13 Proよりもカメラバンプは大きくなっています。

「TechRax」は、「突き出たカメラの隆起に我慢でき」ないと、iPhone14 Proのカメラバンプを電動カッターで切り落としました。

「TechRax」の動画では、iPhone14 Proはカメラバンプを切り落としても、タッチスクリーン機能などの主要機能は利用でき、スワイプすることも可能です。

画像がぼやけますが、カメラ機能も作動し写真をとることも可能であることが、「TechRax」の動画で判明しました。

iPhone14シリーズの製造コストが判明!A16チップはA15チップの2.4倍の価格

参考:iPhone in Canada 写真:TechRax/YouTube

関連記事