macOSの重大バグ修正アップデートにバグがあり「再アップデート」を配信

投稿日:

by ともぞう

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

何を言ってるか分からねーと思うが、macOSの重大バグを修正するセキュリティーアップデートをしたはずなのに、さらにバグが起きてそれを修正するアップデートが配信された…。

セキュリティーアップデートで不具合が発生

今朝、macOS「High Sierra」の「誰でも管理者権限でログインできる」バグを修正するセキュリティーアップデートが配信されたとお伝えしました。

早速アップデートされた方もいらっしゃると思うのですが、焦って配信した為なのかこのアップデートを適応した一部のユーザーでファイル共有機能に不具合が発生したそうです。

それを受けてAppleは再度、同不具合を修正したセキュリティーアップデートをリリースしています。

すでに今朝のアップデートを実施済みでも同じ文言のアップデートが表示されているので紛らわしいのですが、再度アップデートをしておきましょう。

なお今朝のアップデートのビルド番号は「17B1002」で、最新版のビルド番号は「17B1003」となっています。

最新版かどうかは「このMacについて」を開いてバージョン部分をクリックで確認できるので、「17B1002」もしくはそれ以外だった場合には速やかにアップデートを実施しておくことをおすすめします。

それにしても対応が早かったまでは良かったのですが、セキュリティーアップデートのアップデートなんてのが来るとは思いませんでしたよ。

ライターのひとこと

メインのバグ修正が最優先でバグチェックが抜けていたのか…iOS 11のキーボードバグといいAppleさんらしくないことが続きますねえ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事