150年前の絵画にiPhoneが…?めっちゃ歩きスマホしてるやん

投稿日:

by yumi

2007年に登場したiPhone。もちろん150年前にはiPhoneのiの字も存在していなかったはずですが…なんと1850年の絵画にiPhoneが描かれているというんです。

しかも…昨今、問題視されている「歩きスマホ」をしているとか…!

めっちゃ歩きスマホしてるやん(笑)

「1850年の絵画にiPhoneが描かれている」と発見したのはTwitterユーザーのPeter A. Russell2291‏(@Planet_Pedro)さん。

さっそく見てみると…

めっちゃiPhoneっぽい!そして歩きスマホしているっぽい!w

この絵画はオーストリア人画家のフェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラーの作品「Die Erwartete(期待)」で、1850年〜1860年の間に描かれたものとのこと。

今はドイツの美術館「バイエルン州立絵画コレクション」で展示されているようで、美術館の説明によると少女が持っているのは残念ながらiPhoneではなく賛美歌集だそうですよ。

ちなみに、Peter A. Russell2291‏(@Planet_Pedro)さんのこのツイートは「1937年の絵画に、iPhoneを持っている男性がいるのが見える?」というVICE‏(@VICE)に対するリプライでした。その絵画がコチラ⇓

これもまたiPhoneっぽいw

もちろんどちらもiPhoneなわけないのですが、3300年前のエジプトの壁画に「ヘリコプター」が描かれていた…なんて話もありますし、ここは1つロマンということで…☆(ゝω・)v

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事