iOS15.6 Appleが探すアプリからAirTagバッテリーレベルインジケーターを削除

投稿日:

by kenji

MacRumors

昨日AppleはすべてのユーザーへiOS15.6をリリース。

iOS15.6で削除された機能が発見され、話題になっています。

iOS15.6探すアプリからAirTagバッテリーレベルインジケーターが削除

MacRumorsによると、iOS15.6で探すアプリからAirTagバッテリーレベルインジケーターが表示されなくなったとのことです。

iOS15.5まで探すアプリでは、AirTagカードを開くと、 iPhoneのバッテリーステータスに似た小さなバッテリーアイコンがAirTagの名前と場所の下に表示されていました。

パーセンテージは表示されませんが、アイコンはAirTagのおおよそのバッテリーレベルを示し、バッテリー残量がわずかになると、バッテリーアイコンが赤に変わり、ユーザーはバッテリー交換の通知を受け取っていました。

iOS15.6では、通知は引き続きユーザーに送信されますが、バッテリーが著しく低下していない限り、バッテリーレベルアイコンは表示されず、MacRumorsは、最新のmacOS12.5およびwatchOS8.7の探すアプリからもインジケーターが削除されているため、これはApple側の意図的な動きのようだと伝えています。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考・写真:MacRumors

関連記事