「7s」は無し!?来週発表のiPhoneは「iPhone 8/8 Plus」と「iPhone X」になるかも

投稿日:

by HikaruSano

ハローワールド、Hikaru Sanoです。

連日様々な情報が飛び交う新作iPhone情報、早い所では既に来年発表されるiPhoneの情報まで出ているそうですね。

そんな今回発表される新作iPhone、どうやら「7s」はスキップされるとの情報が出てきました。

かなり有力な情報?

あと少しで発表される新作iPhone、日本での呼称は概ね「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」「iPhone 8」で統一されていますね。

しかし今回発表されると予想されていたマイナーアップデート「7s」シリーズが、どうやらスキップされる可能性が出てきました。

なんとApple本社で先週木曜日に新製品に関する会議に参加した、とされる他社参加者からのリークだそうで、この情報源は過去に正式発表前に10.5インチiPad Proの情報も提供してくれたとの事。

その情報によれば、今回発表されるのはそれぞれ「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X(10)」だそうで、「7s」はスキップ、「8」は「X(10)」という事になります。

ついでに「9」もスキップされている気がしますが、「X」は「ナンバリング10番」ではなく「10周年記念」との事で、もしかしたら「9」も「10」もそれぞれ数年後に販売されるかも知れません。

またこの情報によれば予約受付は現地時間の9月15日(日本時間9月16日)、販売開始は現地時間9月22日(日本時間9月23日)になるとの事。

以前に正確な情報をリークしている事もあって無視できない情報ですが、果たして本当に「7s」はスキップされるのでしょうか?

まとめ

実際マイナーアップデートならiPhoneケースは互換性があるハズなのに在庫補充が止まっていたり、背面パネルのガラス化などマイナーアップデートとは思えない変更情報があったりと、納得のいく部分も多い話です。

しかしコレ、仮に「iPhone X(アイフォーン テン)」として発売された場合のナンバリング版「iPhone 10(アイフォーン テン)」は、何て呼ばれるようになるんですかね…?

参考:iCulture

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事