iPad10で4GBのRAMを搭載!Xcode14RC版のコード分析から判明

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは昨日、11インチと12.9インチのiPad Proと10.9インチのiPad10を発表。

最新のXcode14RC版のコード分析から、iPad10に搭載されたRAMが判明し、話題になっています。

iPad10で4GBのRAMを搭載

Appleは通常、デバイスの仕様にチップを掲載してもRAMについて記載することはまれです。

iPad10のウェブサイトの仕様にも、RAMについての記載はありません。

MacRumorsによると、最新のXcode14RC版のコード分析から、iPad10に搭載されたRAMが判明。

最新のXcode14RC版には、iPad10に4GBのRAMが搭載されていることを示すファイルが含まれているとのことです。

前モデルのiPad9には3GBのRAMが搭載されているため、iPad10でメモリが強化されていることが判明しました。

iPad10は、4色のカラーオプション、10.9インチのディスプレイ、A14 Bionicチップと充電用のUSB-Cポートを搭載し、まったく新しいデザインで、初めての5G接続をサポート。

昨日発表された11インチと12.9インチのiPad Proは、Appleのウェブサイトの仕様にRAMの記載があり、128GB、256GB、512GBのストレージを備えたモデルには8GBのRAM、1TB 、2TBのストレージを備えたモデルには16GBのRAMが搭載されています。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:MacRumorsApple 写真:Apple

関連記事