Apple Developerアプリ更新!基調講演、セッションビデオなどのWWDC2023サポート追加

投稿日:

by saki

Apple

Appleは例年6月にWWDC(Worldwide Developers Conference)を開催しますが、今年は米国時間6月5日(日本時間6月6日)から開始されます。

Apple Developerアプリを更新し、WWDC2023のサポートを追加しました。

Apple Developerアプリ更新しWWDC2023のサポート追加

AppleのWWDC2023のイベントまであと10日ですが、Appleは自宅から参加できるオンラインでの準備を開始し、iPhoneとiPad用のApple Developerアプリのアップデートをリリースしました。

Apple Developerアプリで、WWDC2023のオンラインコンテンツのすべてにアクセスできるようになり、基調講演の視聴、セッションのビデオ、ラボやセッションの詳細、Slackでのアクティビティなどが含まれます。

  • セッション ビデオ、Slack でのアクティビティ、1 対 1 のラボなどを含む、WWDC23 が提供するすべての内容を探索します。
  • また、バグを修正し、その他のさまざまな機能強化を追加しました。

Appleによると、WWDC2023は、米国時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から始まる基調講演から開始され、一般教書演説、Apple Design Awardsの発表などが行われます。

WWDC23は、6月5日から9日まで主にオンライン形式で開催され、開会日に事前に選ばれた開発者と学生がApple Parkでの特別なイベントに参加可能です。

MacでWindowsを目的別に使う方法!Microsoft正式認定Parallels Desktop18 for Macなど

写真:Apple

関連記事