「いいね!」しただけで有罪に!?スイスで罰金の判決が言い渡される

更新日:

by kimi

Photo credit: .reid. via Foter.com / CC BY

こんにちはkimiです。

ご存知の通り、インターネット上で人を侮辱したり、犯罪予告をすると、侮辱罪や威力業務妨害などで逮捕されてしまいます。そのため、ネットの向こうに人がいることを踏まえて行動することが求めらていますよね。

でもそれはあくまでそういった文章を書いた時の話。

しかしスイスではある投稿に対してFacebook上で「いいね!」ボタンを押しただけで有罪判決が出されてしまった事件があったようですよ…。

1タップで有罪になる時代、到来?

今回、Facebook上で「いいね!」を押したことを原因として有罪判決を下したのは、スイスのチューリヒにある裁判所。

AFPがスイスの日刊紙ターゲス・アンツァイガーを引用して伝えたところによると、2015年に完全菜食主義者に関するイベントに「どの動物保護団体の参加を許すか」について、Facebook上で行われた議論の中で事件は発生しました。

エルビン・ケスラーと同氏の動物保護団体を「人種差別主義的で反ユダヤ的である」と非難するコメントがいくつか書き込まれており、それに対して被告の45歳の男が「いいね!」ボタンを押したのです。

ケスラー氏はこの時のやり取りに参加した十数人を相手取り裁判を起こしました。

既に数人の他の被告に自らが投稿したコメントを理由に有罪判決が出ているものの、この45歳の男は「いいね!」を押しただけ。しかしそれが理由で条件付き罰金刑となってしまいました。

photo credit: owenwbrown via photopin cc

裁判所はケスラー氏に対して行われた中傷的なコメント複数に対して「いいね!」をしたことについて、「コメントを投稿した本人ではないことは重要ではない」とした上で、「いいね!」をしたことで社会的に不適切な内容を支持したとみなされ、そのコメントをしたのも同然だと認定しました。

Photo credit: FACEBOOK(LET) via Foter.com / CC BY

判事は、被告がコメントの内容が真実かどうかを証明せずに「いいね!」をしたことで、Facebook上でつながっている他の人にその情報が届くことにより、名誉を傷つけたと述べています。

自分でコメントを書かずとも、中傷するコメントに「いいね!」をつけるだけでコメントをしたのと同然という判断が裁判所で出されたのは驚きですよね。

Photo credit: FindYourSearch via Foter.com / CC BY-SA

これはあくまでスイスでのケースであり、日本でどのような判断がなされるかは不明ですが、火のないところに煙は立たないという言葉もありますし、支持するものに何でもかんでも「いいね!」をするのはよした方が良いかもしれません…。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:AFPBB News
kimi
Photo credit: .reid. via Foter.com / CC BY

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事