【裏技】アプリ不要!iOS 10でカメラのシャッター音/スクリーンショットの撮影音を無音にする方法

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

日本仕様のiPhoneはマナーモードに設定してもカメラのシャッター音やスクリーンショットが鳴ってしまうこともあり、無音カメラなどを使っている方も多いですよね。

iOS 8や 9では一時バグを利用した裏技がありましたが、なんとiOS 10でもカメラのシャッター音やスクリーンショット撮影音を無音にできる方法が見つかったのでご紹介します。

手順もものすごく簡単なので、iOS 10にしている方はぜひ試してみてくださいね!

AssistiveTouchを利用して、シャッター音やスクリーンショット撮影音を無音化

iPhoneをマナーモードにしても、カメラのシャッター音やスクリーンショット撮影時に音が消えないのは日本だけ。

一説にはとある芸能人の盗撮事件がきっかけで自主規制するようになった…なんて言われていますが、カメラはまだしもスクリーンショットで音がなるのは勘弁してほしいところ。

そんなこともあって、シャッター音がならないマナーカメラや無音でスクショを保存できるアプリを使う訳ですができれば標準で鳴らないようにしたいですよね。

それがiOS 10ならめちゃくちゃ簡単に実現できるので、そのやり方をご紹介します。

まずは設定の「一般」から「アクセシビリティ」と進み、

その中の「AssistiveTouch」から「最上位メニューをカスタマイズ…」を開きます。

そうしたら、右下にある「ー(マイナス)」ボタンを何度か押して「カスタム」というアイコンだけの状態にしましょう。

あとは「カスタム」をタップして「消音」を割り当てたら設定は完了。

これでホーム画面でAssistiveTouchのボタンを押せば「消音」と表示され、

標準カメラアプリで写真を撮っても、スクショを撮ってもまったく音がしなくなります。いやーこれは素晴らしい!!

設定が済んでしまったらAssistiveTouchのボタンはオフにしてしまっても効果は切れないので、邪魔な人は消しておきましょう。

ただし注意点として、マナーモードスイッチを切り替えたり・ボリュームを調整してしまうともとに戻ってしまうので、またAssistiveTouchのボタンを押して「消音」にするようにしてくださいね。

3D touch対応の6s以降の端末を持っている方は、AssistiveTouchの設定画面にある「3D Touchのアクション」に「消音」を割り当てれば、メニューを触らなくても同じ設定が可能です。

また「アクセシビリティ」の設定にある「ショートカット」にAssistiveTouchを割り当てておくと、トリプルタップでいつでも呼び出しができるので合わせて設定しておくと便利ですよ。

この裏技はiOS 10および10.0.1(現在の最新版)で使えることを確認していますが、おそらくバグと思われ次のバージョンでは使えなくなるかもしれません。

ひとときの便利さになるかもしれませんが、iOS 10を入れてるなら使わなきゃ損な裏技なのでぜひ一度お試しを!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事