Appleが「バグ懸賞プログラム」を初実施!今まで不具合が起きたことある?

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

Appleが、同社として初めてとなる「バグ懸賞プログラム」を実施すると発表しました。

これはソフトウェアに不具合や脆弱性を見つけた人に高額の賞金を支払うというもの。

ということで今回は、プログラムについての詳細と「今までアップデートに伴って、なんらかの不具合が起きたことある?」というアンケートを取ってみたいと思います!

Apple初のバグ懸賞プログラム

Appleはアメリカで開かれたセキュリティ・ハッキングイベント「Black Hat」にて、同社初のバグ懸賞プログラム「Apple Security Bounty」を発表しました。

Photo credit: miguel77 via VisualHunt / CC BY-NC

Appleが開発するiOSなどのソフトウェアに不具合や脆弱性を発見した人に対し、最高で20万ドル(約2,020万円)の賞金が支払われるそうですよ…!

GoogleやMicrosoftなどでは数年前から実施されていましたが、Appleとしては初。どうやら以前、揉めに揉めたFBIの一件が関係しているようです(FBIとの泥沼の争いはこちらの記事をご覧ください)。

「Apple Security Bounty」は9月開始予定で、参加者についてまずは招待制とのこと。これからはさらに安定したiOSが使えるようになりそうですね!

しかし個人の差というか、端末の差があるとは思うのですが、私は一度もiOSのアップデートで不具合が起きたことなく…例えば、

などなどさまざまな不具合をお伝えしてきたのですが、実際このような不具合に見舞われた方はどのくらいいるのか気になる…ということでここでアンケート!

今までiOSアップデートに伴って、なんらかの不具合が起きたことはありますか?起きたことがある方、どんな不具合だったのかぜひ教えて下さい!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事