1歳の赤ちゃんの命も救える…そうSiriならね!

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

Siriがお手柄です。なんとオーストラリアで、1歳の赤ちゃんの命を救ったとのこと。

一体なにが起きたのか、さっそく見てみましょう!

Siriが赤ちゃんの命を救う

事件が起きたのはオーストラリアのケインズ。

Stacey Gleesonさんは、ベビーモニター(※1)を通じて1歳の娘Gianaちゃんの様子がおかしいことに気づきました。

※1 赤ちゃんが別の部屋にいる時、赤ちゃんの様子を音や映像などで確認できる機械

とっさにiPhoneを掴みGianaちゃんの部屋に向かいましたが、焦ってしまったのかそのiPhoneを途中で落としてしまいます。

とにもかくにもGianaちゃんの様子を見なければ…と部屋に急ぎ抱き上げると、なんとGianaちゃんの呼吸は止まっていたそう…。

Staceyさんはすぐに気道をチェックするとともに落としたiPhoneを思い出し、「Hey Siri、救急車を呼んで!」と叫んだとのこと。

幸いにもSiriが呼んだ救急車が到着した時にはすでにGianaちゃんの呼吸は戻っており、念のため緊急搬送されたものの命に別状はなく無事だったそうです。

Staceyさんは「まさかSiriが娘の命を救ってくれるなんて経験をするとは思わなかった」「みんな是非Siriを有効にしておくといいわ」とコメントしています。

赤ちゃんの呼吸が止まりパニック状態、しかも家には自分しかいないという時にSiriが救急車を呼んでくれる…現代のテクノロジーに感謝!ですね><

個人的には、Lightningケーブルに繋いでいない状態で「Hey Siri」が使えるのはiPhone 6s/6s Plusのみなので、Staceyさんが最新機種を持っていて良かった…と感じました。

念のため、ここで「Hey Siri」機能について復習しておきましょう!

「Hey Siri」を有効にするには

iPhoneの『設定』アプリ→「一般」→「Siri」→「Hey Siriを許可」をオンに。

「Hey Siri」という自分の声を認識してもらうため、画面の指示通り話しかけましょう。これで「Hey Siri」機能が使えるようになりますよ。

ちなみに、ケーブルに繋いでない状態で「Hey Siri」が使えるのは

  • iPhone 6s/6s Plus
  • iPhone SE

となっています(iPhone 4S〜iPhone 6/6 Plusはケーブルに繋いだ状態で使用可能(要iOS 8))。

また、日本での緊急通報は

  • 110番(警察通報用電話)
  • 118番(海上での事件・事故の緊急通報用電話)
  • 119番(消防機関への緊急通報用電話)

の3つとなっています。

「Hey Siri、110番して」などと話しかけると5秒後に電話がかかることを覚えておいてくださいね!

ということで赤ちゃんの命を救う活躍をしたSiriについてご紹介しました。万が一のため、「Hey Siri」は常にオンにしておくことをオススメしますよ!

参考:7 News

関連記事