iOS16シネマティックモードで撮影したビデオで不具合発生! iMovieとFinal Cut Proで編集できず

投稿日:

by kenji

Apple

AppleがiOS16をすべてのユーザーへリリースしてから2週間。

iOS16でシネマティックモードで撮影したビデオが、iMovieとFinal Cut Proで編集できない不具合が発生しているとのことです。

iOS16でシネマティックモードで撮影したビデオをiMovieとFinal Cut Proで編集できない不具合発生

シネマティックモードはiPhone13で導入された機能で、人工知能とiPhoneのカメラによって取得された深度データを組み合わせて、人物やオブジェクトに焦点を合わせたまま、ビデオの背景をぼかすことができます。

iPhone13とiPhone13 Proはシネマティックモードで1080pの解像度で録画でき、iPhone14とiPhone14 Proは4Kの解像度で毎秒24フレームで録画可能です。

9to5Macによると、Apple サポート フォーラムRedditに、iOS16のシネマティックモードで撮影したビデオをiMovieとFinal Cut Proで編集できないユーザーからの報告があるとのことです。

ユーザーからの報告によると、iOS16で撮影したシネマティックビデオをiMovieとFinal Cut Proで編集しようとすると、「シネマティックエフェクトを有効にできません」というエラーが表示され、エディタが開かないとのことです。

9to5Macによると、Appleはまだこのバグを認識しておらず、修正するためのソフトウェアアップデートは提供されていません。

回避策として一部のユーザーは、シネマティックモードで撮影したビデオをiPhoneで編集してから、AirDrop経由でMacに共有する方法を提案しています。

iOS16の新機能をチェック!不具合やアップデートの感想は?

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事