落下時にプロテクター発動!Appleが画面割れさせない技術を開発

投稿日:

by SHAN

こんにちは、SHANです。

Appleは以前より、端末の落下時にモーターの振動で端末の向きを変え画面割れを防ぐ技術を開発していましたが、この度さらに画期的な方法で液晶を保護する技術の開発に成功した模様です。

なんと今回Appleが取得した技術は、端末が落下した際に格納式のスクリーンプロテクターが発動するというものらしく、落下時の衝撃から画面を保護してくれるんだとか…!

端末の落下を感知するとプロテクターが発動

今回Appleが開発した技術は、iPhoneの落下時に格納式のスクリーンプロテクターが発動し画面を保護してくるというもの。

既に特許の申請も行っているそうで、米国特許商標庁(USTPO)は申請された書類を公開していました。

公開された書類によると、スクリーンプロテクターなるものは普段は画面とフレームの間に格納されており、iPhoneが落下した時にのみ回転しながら発動する仕組みと見られています。

落下の判定には、iPhoneに搭載されているジャイロスコープや加速度センサーの他に、カメラの映像やスピーカーから発する超音波パルスの反響等も利用するそうですよ。

実際に落下した図はこのような感じになるそうで、確かにプロテクターのおかげで地面とディスプレイの間には隙間が開いています。

また、このプロテクターは落下後一定期間が過ぎると自動で引っ込む仕組みになっているそうなので、普段のiPhoneの使用の邪魔にはならないそう。

Appleは取得した特許を必ずしも新機種に搭載するわけではありませんが、ユーザーにとっては嬉しい機能であることに間違いありません。この技術が採用されることを願うばかりですね〜!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:USPTOiPhone Mania

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事