【衝撃】SNSを2時間以上使うと「うつ病」や「自殺願望」を引き起こす(((;゚Д゚)))!?

更新日:

by 菊太郎

ごきげんよう、菊太郎です。

『LINE』や『Twitter』など、メールや電話以上のコミュニケーションツールと化したSNS。

しかし、「SNSを頻繁に使うことは、精神衛生に悪い影響を及ぼすかもしれない」という恐ろしい論文が発表されました。

あまりにも普及しすぎたため、SNS無しではコミュニケーションが全く取れなくなる恐れもある現代社会。

果たしてわたしたちはSNSを使っても大丈夫なのでしょうか?

SNSはわたし達になにをもたらすか?

心理学者のHugues Sampasa-Kanyinga博士は、SNSと精神衛生の関係を探った論文「SNSを頻繁に使うことは、若者の精神衛生に悪影響を及ぼすかもしれない」を発表しました。

この論文によると、「毎日SNSを2時間以上使っている若者は、心理的苦痛を感じたり自殺したいと思う割合が高い」との調査結果が得られたとのこと。

photo credit: IMG_1231 via photopin (license)

カナダで10代の生徒に対して行われた調査によれば、

  • 2/4の生徒はSNSを2時間未満使っている
  • 1/4の生徒はSNSを2時間以上使っている
  • 1/4の生徒はSNSをほとんど使っていない

という結果に。

このうち1/4を占めた2時間以上の生徒は、

  • 不安神経症
  • うつ病
  • 自殺願望
  • 精神的に満たされない

などの症状が出る傾向にあったそうです。

photo credit: IMG_1412 via photopin (license)

この調査によって、「SNSは健康に対してマイナス」という結果が得られたということに…。

ただし博士は「SNSを使うから精神衛生に問題があるのではなく、精神衛生に問題があるから、孤独を和らげるためにSNSを使う可能性がある」とも語っており、「SNSと精神衛生の関係は複雑で、簡単に説明できない」と結論づけています。

SNSが心理状態に悪影響を及ぼす可能性は指摘されたものの、はっきりとした裏付けはまだ成されていない様子…。

ただし「SNSで健康になれる」「SNSを使えば幸せになれる」といった論文がほとんどないのに、こういったマイナスの論文が多いということは、何かしらSNSと健康状態には因果関係があるのかも知れませんね。

みなさんはSNSを使うことで精神的に安らぎますか?それとも逆にストレスを感じますか…?

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

菊太郎はこう思う!
日本の高校生の9割がLINEを、8割がTwitterをやっているそうです( ゚Д゚)っ

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事