iPhone 6sは尻ポケットに入れても大丈夫!? iPhone 6とくらべて2倍以上の強度に

投稿日:

by ハンサムクロジ

Screenshot by Unbox Therapy

どうもハンサムクロジです。

iPhone 6/6 Plus発売当時、本体を尻ポケットに入れていると曲がってしまうという報告が多くありました。

画面サイズが大きいまま端末の厚みを据え置いてしまうと、どうしても強度は落ちてしまうもの。ケースやバンパーで補強して利用するしかありません。

しかし!次期iPhoneではそういった補強が必要なくなるかも…。ある調査によると、次期iPhoneの端末強度は、現行と比較して2倍以上になっているのだそうです!!

アルミ合金を変更した結果

新しいiPhoneの強度について伝えていたのは、ガジェット系のYouTubeチャンネルUnbox Therapy

iPhone 6sのものとされるバックパネルを使用し、強度テストを試した動画を公開していました。

動画によると、iPhone 6sのバックパネルには「Apple Watch Sport」に使用されているものと同じ7000番台のアルミニウムが使用されているとのこと。

実際に筐体を折り曲げる圧力テストでは、iPhone 6のパネルが30ポンド(約13.6kg)で曲がってしまったのに対し、iPhone 6sのパネルは80ポンド(約36.3kg)まで耐えることができたのだそうです。

Screenshot by Unbox Therapy

素材自体が高価になったことで端末の値段も跳ね上がりそうですが、長く使いたいユーザーにとって2倍以上丈夫であるというのは嬉しいはず。次期iPhoneには期待できそうです!

ただし、このテストはリークされたパーツで行われたものです。実際どうなるかは今のところ全く分かりませんので、そこだけご了承ください!!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9to5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事