iOS16.1標準搭載のウォレットアプリが削除可能に!iPadOS16.1の分析から判明

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは本日、iOS16.0ベータ7iPadOS16.1ベータ1を開発者向けにリリース。

iPadOS16.1ベータ1の分析から、iOS16.1で削除が可能な標準搭載アプリが追加されたことが判明し、話題になっています。

iOS16.1標準搭載のウォレットアプリが削除可能に

9to5Macによると、iPadOS16.1ベータ1の分析から、iOS16.1でiPhoneに標準搭載のウォレットアプリが削除可能になったとのことです。

AppleはiPadOS16リリースの延期を正式に確認し、iPadOS16.0のリリースをスキップして、最初のリリースは16.1を予定し、本日iPadOS16.1ベータ1を開発者向けにリリース。

iPadOSはiOSに基づいて設計されているため、iPadOS16.1の分析からiOS16.1の内容が分かるとのことです。

9to5Macが確認したiPadOS16.1のコードでは、ウォレットアプリがiOS16.1で削除可能になったことが判明しましたが、iOS16.1はiPhoneではまだリリースされておらず、iPadにはWalletアプリがないので、新しいオプションが実際に動作することまでは確認できていないとのことです。

Appleがウォレットアプリを削除できるようにした理由として、9to5Macは、Appleに対する反トラスト法違反の申し立てに対応するためだと伝えています。

暑い夏にiPhoneでやってはいけない3つのこと!バッテリーの寿命が短くなることも

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事