自転車で走ってiPhoneを充電!USBダイナモチャージャー登場

更新日:

by kimi

こんにちはkimiです。

少しずつ暖かくなり、春めいてきた今日この頃。暖かな日にサイクリングに行くことを楽しみにしている人もいますよね。

サイクリング中は『GoogleMap』など便利なアプリもありますが、走行中にiPhoneの電池がなくなるのが心配…なんてことも。

そんな中、自転車をこぎながらiPhone充電できる充電器「USBダイナモチャージャー」が登場しましたよ。もう走行中の電池切れは心配無用です!

ネジ2本で簡単固定!

実際にこのダイナモチャージャーを自電車にセットして試している動画がありましたのでご覧ください。確かにiPhoneが充電できています!

自転車にiPhoneを取り付けるホルダーは各社から発売されており、『Google Map』などを使ってナビ的に使っている人もいるかと思います。ただ便利な反面、GPSを使うので電池がすぐになくなってしまうというデメリットも…。

しかし今回登場した「USBダイナモチャージャー」なら、自転車のライトをつけるのに使われているダイナモの仕組みを活かして、自転車をこぐことでiPhoneを充電できるんです

セッティングは自転車の降臨にダイナモのゴムタイヤをネジ2本で固定するだけ。使わないときは、自転車のタイヤに接地させないことも可能です。

あとは、ハンドル下まで伸びたケーブルにiPhoneのLightningケーブルを繋げば、すでにお使いの自転車ホルダーに装着したiPhoneを充電できますよ。

これでサイクリング中にバッテリー切れのことを考える心配なし!ただ防水機能はついていないので、そこだけ注意してくださいね。

なお販売ページに掲載されている実験結果では、自転車の速度が10km/h以上でiPhoneの充電マークが表示され、20km/hで5V/500mAhが測定できたそうです。

価格は税込みで4,980円。サイクリング好きな方は、ぜひこちらをチェックしてみてくださいね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事