【豆知識】iPhoneの下取りってキャリアは損しないの?下取りされたiPhoneはどうなるの?

更新日:

by yumi

photo credit: iPhone 6 via photopin (license)

こんにちは、yumiです。

iPhone 6/6 Plusが発売された際、ソフトバンク・au・ドコモの大手キャリア3社は、こぞって「iPhone下取りキャンペーン」を行いました。

これは今まで使っていたiPhoneをキャリアが下取りし、その価格分を購入代金や通信費から値引いたり、ポイントで還元してくれるというユーザーにとって超お得なキャンペーン。

しかしキャリア側からすれば、いくら新機種のiPhone 6/6 Plusに乗り換えて欲しいとは言え、さぞ痛い出費になるのだろうなぁ…と思いきや、実は「下取りキャンペーン」はユーザーだけでなく、キャリアにもかなりのメリットがあるようなんです。

さらに、下取りされたiPhoneの意外な行方も明らかに…!

ユーザーとキャリア、下取りキャンペーンはWin-Win?

例えばiPhone 6/6 Plusが発売された時のソフトバンクでは、今使っているiPhoneをソフトバンクが32,400円で下取りし、毎月1,350円ずつ計24回に分けて通信費から引いてくれる「タダで機種変更キャンペーン」という下取りを行っていました。

機種変更でのiPhone 6(16GB)の価格は70,080円(毎月2,920円✕24回)。

下取り価格の32,400円を引くと、ユーザーが負担する価格は計37,680円(毎月1,570円✕24回)となるので、ユーザーにとってかなりお得に新機種に乗り換えられるキャンペーンですよね。

単純に考えると、下取り価格の32,400円はソフトバンクが負担することになり、いくら新機種を売りたいからと言っても相当な金額になり、損するのでは…?と思いますが、実は下取りキャンペーンはキャリアにも得があるようなんです。

まず機種変更するユーザーのiPhoneを下取ることにより、そのユーザーはさらに今後最低でも2年の間、そのキャリアを使うこととなります。

他のキャリアに乗り換えられてしまうと、そのユーザーが使うはずだった”毎月の通信費”が入ってこなくなるので、「2年間必ず使ってもらえる」というのが1つ目のキャリアにとっての「得」となります。

そして2つ目。実はキャリアが下取りしたiPhoneは、新興国へと流れているそう。

新興国へ流す具体的なルートや業者は明かされていないものの、例えばソフトバンクでは「下取りできないiPhoneの状態」として

  • 電源が入らない
  • 液晶が正常に表示されない
  • 画面に複数のひび割れがある
  • 初期化されていない

という条件を付けていることから、内部の部品を分解して再利用しているわけではなく、中古iPhoneとして流通させていると考えられます。

新興国とは、日本やアメリカなどの先進国と比較して経済発展が遅いものの、これからの成長が見込められている国のこと。インドやブラジル、南アフリカなどが当てはまります。

例えばブラジルの平均月収は74,600円。そしてブラジルのApple Storeを見てみると、iPhone 6(16GB)の価格は3,499レアル(約12万8,500円)となっており、なんと月収の約2倍!

これでは新品のiPhoneは手が出ませんよね…。だからこそそういった国へ下取りされたiPhoneが「中古」として流れていく…ということなんです。

ブラジルの中古ショップサイトを探してみたところ、iPhone 5s(16GB)で900レアル(約3.3万円)〜1,700レアル(約6.2万円)で売られていました。

もちろんこのすべてが下取りされたiPhoneだとは限りませんが、状態の良いものであれば下取り価格の32,400円(※1)の元を取ることはできそうです。

ということでiPhoneの下取りキャンペーン、そして下取りされたiPhoneの行方についてご紹介しました。自分が下取りに出したiPhoneがどこか違う国で使われていると思うと、なんだか感慨深いですね…。

※iPhone 6/6 Plus発売時のソフトバンクの下取りキャンペーン価格

参考:IT Media
yumi
photo credit: iPhone 6 via photopin (license)

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事