iOS16偽造AirPodsを検出!iPhoneとペアリングしようとすると警告表示

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは本日、開発者向けにiOS16リリース候補版(RC版)をリリース。

iOS16開発者向けRC版のコード分析から、iPhoneが偽造AirPodsを検出できるようになったことが判明し、話題になっています。

iOS16で偽造AirPodsを検出しiPhoneで警告表示

9to5MacのiOS16開発者向けRC版のコード分析によると、iOS16を搭載したiPhoneで偽造AirPodsについてユーザーに警告するようになったとのことです。

内部システムファイルで見つかったコードは、iOS16が偽造AirPodsを検出でき、ペアリングしようとすると、iPhoneとiPadがユーザーに「これらのヘッドフォンは本物のAirPodsとして検証できず、期待どおりに動作しない可能性があります」と警告するとのことです。

「詳細」ボタンを押すと、AirPodsを識別する方法の詳細が記載されたAppleのWeb サイトのサポートページが表示されます。

アラートは、ユーザーに「接続しない」オプションも提供しますが、9to5Macによると、今のところ、Appleがこれらの偽造AirPodsがiPhoneおよびiPadで動作するのをブロックする兆候はないとのことです。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事