iPhoneカメラの進化がひと目でわかる!どれだけ高性能になったか比較できる画像が公開

投稿日:

by kimi

こんにちはkimiです。

iPhoneは一番身近なカメラ。性能はどんどんよくなっていると信じたいところですが、iPhone 4sから最新のiPhone 6に至るまで画素数は800万画素で変わらないんですよね。

「カメラのスペックは画素数だけで決まるわけではない」と言われると、なんとなく納得できますが、実際はどうなんでしょうか。実際に歴代のiPhoneで同じ被写体を撮って比べた方がいるので紹介します!

細部までピントがくっきりし、暗所に強くなっていってる

マクロや暗所など、数種類の状況において歴代のiPhoneで撮った写真はどう違うのでしょうか。海外サイト「snap snap snap」が実際に試していましたので紹介します。

◆マクロ

まずはマクロの写真。

左が初代iPhoneで、右に行くに従って新しくなり、一番右が最新のiPhone 6です。初代iPhoneはピントがそもそもあっておらず、3GSあたりからようやくピントがあいだしたことがわかります。

アップにした画像がこちらです。iPhone 6は5sに比べて茎や葉の部分までくっきりとピントがあっていることがわかります。

◆逆光

逆光の場合はもっとはっきりと違いが出ました!歴代iPhoneでそれぞれ色味が違いますが、iPhone 4では赤くフレアが出ているのが確認できます。

もっとアップにしてみると、特に最近のものはより緻密な表現が可能になっていますね。

◆人物写真

人物写真では、特に最新のiPhone 6がもっとも肌色を暖かく表現しているように見えます。iPhone 4は特に明るく撮れていますが、やや青みがかっているようにも見えますね。

◆夕陽

夕陽の写真は世代によって色みが大きく違います。初代iPhoneでも綺麗に撮れていますが、やはりiPhone 6では暖かみがあり、かつ明るく撮れている印象。

同じiPhoneというカメラでも世代によってここまで色味が違って撮れるとは驚きです。たとえ画素数に変化がなくてもあの手この手で綺麗な写真が撮れるiPhoneのカメラに、今後も期待していきたいですね!

参考: snap snap snap

関連記事