「iPhoneに最大アプリは何個入る?」「Appleのサポート番号にあの人の名前?」などiPhoneにまつわる数字のトリビア12個

更新日:

by ともぞう

ども!ともぞうです。

知らなくても困らないけど、知ってるとちょっぴり自慢できるそんなiPhoneのトリビア知りたくありませんか?

以前はマップアプリのアイコンの場所はどこ?などのトリビアをご紹介しましたが、今回はiPhoneにまつわる数字のトリビアをご紹介したいと思います。

「iPhoneに入れられる最大アプリ数は何個?」「Appleの電話サポート番号はあの人の名前の語呂合わせ?」などなど盛りだくさんですよ。

iPhoneの数字にまつわるトリビア(雑学)12個

◆トリビアその1.「135個」

さてこの数字なんだと思いますか?

実はひとつのフォルダに入れることが出来るアプリの数なんです。

フォルダの1ページあたり9個配置できて、最大15ページまで。それで9個x15ページで135個という訳です。

 

◆トリビアその2.「27540個」

数字だけではピンとこないくらいこの大きい数字何か思いつきますか?普段何気なくみているホーム画面に関係ある数字なんですよ。

はい、答えはiPhone5/5s/5cに最大入れられるアプリ(ブックマークのアイコン含む)なんです。こんなに入るんだ!と正直驚きましたw

容量的に入るかって問題はありますが、アプリをすべてフォルダに収納して135個、1画面にアプリは20個、ホーム画面は最大10ページまでなので計算すると (135個x20個x10ページ)+ドッグ部分(135個x4個)で27540個になります。

実際やったらApp storeのアップデートバッチ表示ががとんでもないことになりますねw

参考記事:iOS7には、いくつのアイコンを置くことができるのか、計算してみる | i-skyd

 

◆トリビアその3.「100件」

お次もアプリに関係する数字さ〜てなんでしょう?

答えはアプリのアップデートを100件以上同時にすると、その後アプリが削除できなくなるでした。

アップデートそのものは時間がかかっても出来るようなのですが、その後アプリを削除しようとこの画面でフリーズしてしまうそうです。おそろしや…。

もし、やっちゃった場合の解決策は下記の参考記事をご覧くださいませ。

参考記事:トリビア。iPhoneで100件以上のアプリを同時に「すべてをアップデート」すると、アプリが削除できなくなる。 – iPhoneゲーマーな日々

 

◆トリビアその4.「0120-993-993」

アプリのネタに続いてお次は電話番号。この番号アップルストアのiPhone個人向けサポートダイヤルの番号なのですが、さーてこの番号にどんな意味が…?

答えは後半の番号993,993の部分を語呂良く読むと…「クックさん、クックさん」となって、現CEOのティム・クック氏の名前になってるって話なんです!

そんな事まで計算して!と思ったのですが、実際のところこの番号はティム・クック氏がCEOに就任する前から使われており単なる偶然だったというのが真相のようです。

参考記事:アップルストアのフリーダイヤルは・・|おとくケータイ.net [公式]

 

◆トリビアその5.「9:41」

電話番号に続いてお次は時間。Apple製品の製品写真にある時間はぜ〜んぶこの時間になっているです。なぜだか知ってますか?

答えは”アップルの発表イベントは9時に始まり、開始から約40分後に新製品が発表されるため、その時間に合わせてプレゼンに使われる画像内の時計を設定している”からだったんですね。

今度Appleの広告やサイトなどの画像を見る時があったらよ〜く見てみてくださいね。全部この時間に設定されていますから。

参考記事:【豆知識】アップルが発表するiPhoneやMacの時計は絶対に”9時41分”!?その驚きの理由とは…

 

◆トリビアその6.「9分」

続いても時間つながり。これアラームに関係する数字なのですが、なんだと思いますか?

答えはアラームのスヌーズ機能を使った場合にもう一度アラームを鳴るまでの時間。普通5分後とか10分後とか切りの良い数字が多い気がするのですが、それがあえて「9分」になっている理由とは?

Appleが正式に回答しているわけではないのですが、10分間隔だと常に下一桁は0

  • 1回目のスヌーズ:7:10
  • 2回目のスヌーズ:7:20
  • 3回目のスヌーズ:7:30 …

これが9分間隔だと末尾がカウントダウンしているかのように見えます

  • 1回目のスヌーズ:7:09
  • 2回目のスヌーズ:7:18
  • 3回目のスヌーズ:7:27 …

こうすることに寄って、起きなければならない時間が迫っていることを下一桁だけで認識できるようにしているのではないかと言われています。細かいところまでこだわっていますね〜。

参考記事:【豆知識】iPhoneアラームのスヌーズ機能が”9分間隔”の理由とは…

 

◆トリビアその7.「11年」

もう一つ時間つながりのトリビア。11年?さて何のことなんでしょう?

答えは時計アプリのストップウォッチで計測できる最大時間なんです。これに果敢に挑戦した猛者がニコニコ動画で9999時間まで進め、ここでカウントストップすると思いきや…

画像引用:ニコニコ動画

まさかの1万時間目に突入というオチにww

画像引用:ニコニコ動画

ということでこのまま最大カウントに行くとすると99999時間=約4167日=約11.4年と推測されます。ここまで来ると検証のしようががないので未知の世界ですが、少なくとも11年間はストップウォッチで計測可能ということですね。

参考記事:iPodのストップウォッチの限界を追い求め、9999時間稼動させ続けた男 – ニコニコ動画:GINZA

 

◆トリビアその8.「5億台」

お次はうって変わって大きい数字。さてこの数字の意味するところは?

答えは初代iPhoneからカウントして今年の初めまでに世界で売れたiPhoneの累計台数なんです。(2014年3月時点)

画像引用: Forbse

いや〜すごいですね〜累計とはいえ5億台ですよ。グラフをよーくみると新モデル発売の所だけちゃーんと発売台数が飛び出ているのも分かりますね。

参考記事:Without Much Fanfare, Apple Has Sold Its 500 Millionth iPhone

 

◆トリビアその9.「650億」

はい、だいぶ長くなってきてしまったのでさくさく行きましょう。次もでっかい数字ですね。iPhoneの売上金額じゃないですよ?

答えは2014年はじめの段階でApp storeからダウンロードされたアプリの総数です。

画像引用:SODTPEDIA

おっそろしい数字ですね〜もう多すぎて意味がわからないレベルですw

参考記事:Apple Confirms 65 Billion App Store Downloads

 

◆トリビアその10.「30億」

お次もアプリに関する数字。さっきの数字と関係あるんですよ〜。

答えは1ヶ月あたりのダウンロード数。Appleが公式に毎年発表している総ダウンロード数から計算しての数字にはなりますが、月30億とはすごいペースですよね。

参考記事:無料で始めるアプリプロモーション(1)~アプリマーケットのランキングロジックまとめ~ | SEデザイン:Communication Design Lab

 

◆トリビアその11.「100万」

もうひとつアプリに関係する数字。さーてお次はなんでしょう?

答えは2014年初めの時点でApp storeに登録されているアプリの総数。

いや〜ほんと自分が使っているアプリの数なんてごくごく一部なんですよね〜。まだ見ぬ神アプリを発掘せねばw

参考記事:無料で始めるアプリプロモーション(1)~アプリマーケットのランキングロジックまとめ~ | SEデザイン:Communication Design Lab

 

◆トリビアその12.「18倍」

最後を締めくくるは衝撃的なトリビア。この数字の意味を知ったら引きますよ。

答えはスマホの表面の雑菌の数。なんと便器の18倍もいるんですって!うぎゃースマホ触った手で目をこすったり、ご飯食べたりしちゃってますよw

参考記事によると定期的に除菌ウェットティッシュなどで拭いたほうがいいとか…。

参考記事:スマートフォンのタッチスクリーンは便器より汚い | ロケットニュース24

 

以上、知らなくても困らないiPhoneにまつわる数字のトリビアいかがだったでしょうか?もし、知らないトリビアがあったら明日友達にクイズとして出題してみると会話が弾むことうけあいですよ。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事