iPhoneやMacの時計は絶対に”9時41分” Appleがそう決めた理由がコレ!

投稿日:

by maruuo

Appleのイベントで発表される新製品やOS。またiPhoneやiPadの広告をジーっと見ていると、何かに気が付きませんか…?

実はそれらに写っている時計が、すべて「9時41分」に統一されているんです!一体なぜなんでしょうか?

OSXやiOS、iPhoneの時計で確かめる

本当に9時41分に統一されているのか、実際に確かめてみましょう!

こちらはMac用のOSXの画像。かなり読みにくいですが「9:41」になっています。

さらにこれまた「iOS 」の解説ページでは…こちらも「9:41」に!

さらにiPhoneも同様に「9:41」となっています。

このように製品の広告はもちろん、OSの広告まですべて「9:41」と表示されています。では一体なぜ9:00や9:40ではなく、中途半端な「9:41」なのでしょうか?

Appleの時計が「9:41」の理由とは…

この時計の謎について、前iOS担当上級副社長のスコット・フォーストール氏が理由を説明しています。

スコット・フォーストール氏 by Wikipedia

フォーストール氏によると、アップルの発表イベントは9時に始まり、開始から約40分後に新製品が発表されるため、その時間に合わせてプレゼンに使われる画像内の時計を設定しているとのこと。

しかし新製品の発表がピッタリ9時40分に発表されるというのは考えにくいので、少しズラす形で9時41分になっているんだとか。

ただWWDCは最近では10時から行なわれるはず…これには当てはまらないですよね。それにはやはり、あの人の影響があるようです。

今もアップルに影響を与え続けているあの人とは…

WWDCの発表イベントも10時から行なわれたのにも関わらず、広告内の時計が「9:41」になっている理由、それはやはりスティーブ・ジョブズ氏の影響があるようです。

前述のフォーストール氏によると、2007年にスティーブ・ジョブズ氏が行なった初代iPhoneの発表イベントで、iPhoneとiPod touchが発表されたのが9時42分だったそう。

このジョブズ氏のプレゼンテーションにならい、2010年に第1世代iPadが発売されるまではすべて「9:42」に統一されていましたが、現在は1分早めて「9:41」になっているようです。

まさか広告内の時計にまで気を使っているとは…アップルのこだわりを感じますね。これから新製品が出る時は、時計にも注目してみるといいかもしれませんね。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:secretlab.com

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事