【豆知識】iPhoneアラームのスヌーズ機能が”9分間隔”の理由とは…

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

朝起きるために目覚まし時計ではなくiPhoneでアラームをかけている方、多いんではないでしょうか。そしてアラームを止めて二度寝してしまう…なんて方もw

そんな時に便利なのが、一定の間隔でまたアラームを鳴らしてくれる「スヌーズ機能」ですが、iPhoneのスヌーズは”9分間隔”と、5分でもなければ10分でもない微妙な数字。

これは一体なぜなんでしょうか?

iPhoneのスヌーズが9分間隔の理由とは

iPhoneの『時計』アプリにあるアラーム機能。1分単位で設定できたりアラーム音も変えられたりなど、目覚ましに便利ですよね。

そしてアラームを設定する時にオン/オフが選べるスヌーズは、アラームを止めてしまっても一定間隔でまたアラームを鳴らしてくれる、二度寝防止にピッタリな機能!

アラームが鳴った際、画面をタップするかiPhone本体上のスリープボタンを押すとスヌーズ機能が発動し、ロック画面には「スヌーズ中:あと9分」とカウントダウン表示が出ます。

しかし普通の目覚まし時計などは大体が5分間隔や10分間隔なのに対し、iPhoneのスヌーズは9分間隔

この理由はAppleが正式に回答している訳ではありませんが、iPhoneの時計が「デジタル表示」なのが関係していると見られます。

例えばアラームを朝7時にセットし、スヌーズが10分間隔だった場合…

  • 1回目のスヌーズ:7:10
  • 2回目のスヌーズ:7:20
  • 3回目のスヌーズ:7:30 …

と、一桁目が「0」のまま変わりません。そして5分間隔の場合も、7:05→7:10…と一桁目は「5」か「0」のみ。それが9分間隔になると、

  • 1回目のスヌーズ:7:09
  • 2回目のスヌーズ:7:18
  • 3回目のスヌーズ:7:27 …

「一桁目が”1″ずつカウントダウンされる」形になります。

アナログの時計の場合は針が進むので「やばい!もうこんな時間!」と瞬間的に理解できますが、デジタルの場合は何時何十何分と、3つの数字(十何時の場合は4つの数字)を見ないとなりません。

先程も言った通りAppleの正式回答ではありませんが、スヌーズを9分間隔にし一桁目がカウントダウンされることによって、瞬間的に「ヤバい!」とユーザーに思わせる作りになっている、さらには「見間違い」の可能性を下げるためではないかと考えられます。

ということで、iPhoneのスヌーズが9分間隔の理由は分かって頂けましたでしょうか。iPhoneユーザーのために、ここまで考えているアップルは本当スゴいですよね!アラーム1つにも細かいこだわりを感じます。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事