7GBの通信規制を受けないために!通信量が多いアプリを確認してみよう

更新日:

by SHAN

こんにちは、SHANです。

過去にもかみあぷでは7GB/月の通信料をオーバーしないように確認する方法をご紹介してきましたが、今回はアプリごとの通信使用量を確認する方法をご紹介したいと思います。

毎月7GBを超えてしまいそうでヒヤヒヤしている人は、どのアプリが原因なのかを知っておくだけでも通信規制を防ぐ手助けになるので要チェックですよー!

通信量を大量消費している犯人アプリを見つけよう!

通信量を大量に消費しているアプリを知っておくことで、そのアプリを使う時は「なるべくWi-Fiスポットで使おう…」と心掛けることができるので、通信量を抑えられる可能性があります。

簡単な設定で確認することができるので早速確認していきましょう!

まずは「設定」→「モバイルデータ通信」と進み…、

そのままページを下にスクロールすることで、アプリ毎の通信量をチェックすることができます!ここに表示されているのは、3G/4G通信で使用した通信量になりますので通信規制の原因のアプリが丸わかりというわけです。

ちなみに私の最近の1ヶ月で通信量が多いアプリのトップ5は、

  1. Google Chrome:320MB
  2. YouTube:271MB
  3. Twitter:237MB
  4. App Store:189MB
  5. Instagram:171MB

となっていました。納得できるアプリが多いですが、App Storeでのアプリのダウンロードやアップデートって意外に通信量がかさむんですね…><

こちらで確認できる通信量は前回リセットしてからの合計となりますので、今まで一度も統計情報をリセットしていない人は膨大な通信量が表示されている可能性があります。毎月の通信量を知りたい!という方は、月初めにリセットしましょう(詳しくはコチラ)。

皆さんも自分はどのアプリで通信量を沢山使用しているのか確認してみてくださいね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

SHANはこう思う!
えっ?こんなアプリが?というアプリが意外と通信量を消費していました…皆さんも是非確認してみてください。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事