間違って購入したアプリの代金を返金してもらう方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.25iTunes

どうもハンサムクロジです。

iPhoneを使っていて間違ってアプリをダウンロードしてしまった! お子さんに預けたら勝手に有料アプリをダウンロードされた! そんな時にアプリ代金を返金してもらう方法をご紹介します。

困った時はこれで解決しちゃいましょう!

iTunesから手続きをしよう

何か問題があってアプリ代金を返してもらいたい場合は、まずPCからiTunesを起動します。左上にあるアカウントIDが表示されたボタンをクリックしましょう。

クリックで拡大

「購入履歴」という欄があるのでここの「全て見る」を選択。

クリックで拡大

下部に「問題を報告する」というボタンがあるのでここをクリックします。

クリックで拡大

購入履歴が表示されました。この中から返金してほしいアプリを探しだして「問題を報告する」をクリック。

クリックで拡大

するとブラウザが起動してAppleのサポートページに飛びます。再びここから目的のアプリを探し出しましょう。アプリ限定なら「App」タブから探すとすぐにみつかります。またまた「問題を報告する」をクリック!

クリックで拡大

あとは問題のタイプを選択し、明確な理由を正直に書いて送信をクリックすれば完了です!

クリックで拡大

Apple側に報告が認められれば、48時間以内(1週間以上かかる場合もある)に返信メールが届いて返金が完了します。これで購入を間違ってしまった場合などに対応することができます!!

もちろん正当な理由が必要なのでイタズラで問題報告をするようなことは絶対にしないでください。以前ご紹介したパクリアプリ・ニセアプリなど紛らわしいアプリを購入してしまった場合を含む、特別な機会に限ってご利用ください。

関連する記事

コメント