【連載】今から始めるGoogleフォト!第1回はGoogleフォトで何が出来るの?基本的な仕組みと使い方を解説

2015.11.22特集記事

ども!ともぞうです。

今やiPhoneで写真や動画を撮ることが日常的になりましたが、パソコンを持っていてもバックアップが面倒ですよね…。そこで使いたいのが写真を簡単にバックアップしておけるGoogleフォト。

でも、イマイチ仕組みがわからないし不安という方の為に全6回に渡って、Googleフォトを徹底解説したいと思います。

本日の第1回目は「Googleフォトの基本的な仕組みと使い方」と題して、Googleフォトって何?を分かりやすく解説いたします!

Googleフォトとは

Googleフォト」とは、Googleの提供する写真や動画をインターネット上にバックアップしたり、他の人と共有できるサービス。

データをGoogleのサーバーに保存しておくので、iPhoneからだけでなくiPadやパソコンからも保存した写真や動画を見たり、ダウンロードすることが出来るという訳です。

Photo by Apple

保存しておける容量は最大15GBで、iPhoneの標準カメラで撮影した写真(約2.0MBで計算)に換算すると最大7,500枚保存しておける計算に。

さらに凄いのは、アップロード時の設定で「高品質」を選ぶと、1,600万画素以下の写真と1,080p以下の動画をこの容量関係なしに無制限にバックアップできるという点。

※写真は1,600万画素以下でも最適化処理(容量が圧縮される)が入るので、iPhoneで撮った写真でも多少劣化してしまいます。これに関しては別の回で詳しく解説予定。

しかもバックアップはアプリが自動でやってくれるので、設定さえしておけばあとはなーんにも意識することなく使えちゃうんです。これはもう使うしかないですよね…!

ということで、早速アプリを入れて使ってみましょう。

Googleアカウントでログインして、バックアップをオンにするだけ

まずはApp Storeから『Googleフォト』をダウンロードします。

起動すると、他でGoogle関連アプリを使っていたらすでにログイン状態になっているはずなので、そのアカウントで良いか確認。もし未ログインなら、Googleアカウントでログインします。

※写真や動画のアップロードには大量の通信量が発生する可能性があるので、オプションのモバイルデータ通信はオフのままにしておくことをおすすめします。

ログインができたら「続行」を押して、アップロードの時の品質を選びます。今は「高品質」のまま、「続行」。

最後にお知らせを受け取るかどうか聞かれますが、ここは「オンにしない」を選択します。

ここまで来たらカメラロールのバックアップが自動で始まっているので、あとは終わるのを待つだけ。写真の枚数が多いと時間もかかるので、夜寝る前や休みの日などにやるといいですよ。

以降は「Wi-Fi接続されている状態」でアプリを起動すれば、カメラロールに新たに追加された写真や動画は自動でバックアップしてくれます。

これでもうなんにも意識すること無く、iPhoneで撮った写真はGoogleフォトにバックアップされるようになりました。

パソコンに定期的にバックアップするのが一番確実ではありますがついついサボりがち。またiPhoneしか持っていないという方もGoogleフォトを活用すれば、万が一iPhoneが突然壊れても写真や動画データは安心ですよ〜!

さて今回はバックアップまでをご紹介しましたが、次回は「分かりづらい削除の仕組みとiPhoneの空き容量を増やす方法」を解説したいと思います。明日のこの時間をお楽しみに!

関連する記事