iPhoneの調子がおかしい!? そんな時に使えるAppleサポートサービスの使い方まとめ

更新日:

by ハンサムクロジ

iPhoneの調子がおかしくなって、自分ではどうしようもなくなってしまった……。そんな時はAppleに修理などのサポートを頼む必要があります。

今回は、Appleにサポートを頼む際のサポートサービスの使い方などをまとめてご紹介したいと思います。

電話によるサポートや、Apple Storeの修理サービスGenius Barの予約方法など、ぜひ参考にしてみてください!!

サポートサイトをチェック

iPhoneになんらかのトラブルがあった場合は、まずサポートサイトをチェックしてみましょう。

上部メニューから「初期設定」や「iPhoneを使う」といった項目を選択してみてください。ここでは、iPhoneの基本的な使い方や初期設定などを見直せるので、トラブルの原因を見つけられる可能性があります!

さらに「お問い合わせ」という項目をタップすると、au、ソフトバンク、ドコモといった各キャリアのiPhone用ページへのリンクが表示されます。ここからキャリアへ発生している問題について問い合わせるのも良いでしょう。

また、各キャリアにはiPhone用のサポートページも用意されています。auソフトバンクドコモとあるので、リンクから確認してみてください!!

問題の解決にはサポートコミュニティも便利です。サポートサイトで画面を一番下までスクロールすると、「サポートコミュニティ」というボタンが出現するので…、

これを選択すると、iPhoneを利用する上でのトラブルの報告と、ユーザーが投稿したその解決法に関するページ「Apple サポートコミュニティ」が表示されます。ここも要チェックです!

以上のページで問題が解決することもあるので、まずはここから確認してみてください!!

直接サポートや修理の依頼

サポートページで問題が解決しなかった場合は、Appleによる直接サポートや、端末の修理依頼を出す必要があります。

Appleサポートへのお問い合わせ」のページを開いて、「iPhone」を選択。

どんな問題があるのか選択する画面が表示されるので、該当するものを選びましょう。さらに詳細な選択肢が表示されたら、その中からまた該当するものを選びます。

問題に関するアドバイスや、修正するための操作方法が表示されますが、それでもダメだった場合は「配送修理」「電話サポート」を受けることができます。

電話による相談から配送修理までお願いできるので、近くにApple Storeの無い方はこちらを利用するのが便利です!

店舗への持ち込み修理をしたい場合は、Apple Storeアプリを利用するのが便利です。アプリからGenius Barを予約しましょう。

アプリを起動して「ストア」タブから「Genius Bar」をタップ。開いたページで「予約する」を選択します。

次に予約したい端末を選択。「iPhone」をタップしましょう。

近くにあるストアが表示されるので、行きたいストアを選択して日付と時間を指定したら完了です!

近くにApple Storeが無かった場合は、「場所を検索」というページにアクセスしてください。

右上に「サービス」と書かれたスペースがあるので、これをタップ。エリアと端末を選択して「検索」をタップしましょう。

すると、指定したエリア近くにあるAppleの正規サービスプロバイダの店舗が一覧と地図で表示されます。ここから修理依頼できる店舗を探すことができます!

以上です。Apple Storeでの修理依頼のほかに、配送修理依頼正規サービスプロバイダ店舗での修理依頼ができるので、それらを利用すればApple Storeの無い地域の方も安心してiPhoneを使えるはずです。

もしiPhoneの調子が悪くなってしまった時は、参考にしてみてください!!


関連記事