夜景やイルミネーションを綺麗に撮るなら…「AF/AEロック」をマスターせよ!

投稿日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

11月も下旬にさしかかり、すでに街はクリスマス一色!最近はイルミネーションにもさまざまな趣向が凝らされていて、せっかくだし写真に収めておきたい!ですよね。

そこで今回は、イルミネーションや夜景をiPhoneで撮る時に役立つ「AF/AEロック」についてご紹介します。

これさえ覚えておけば、ワンランク上の写真が撮影できるようになる…かも!

AF/AEロックとは

そもそもAF/AEロックとは、

  • AF(Automatic Focus):オートフォーカス
  • AE(Automatic Exposure):自動露出

が組み合わさったカメラ用語で、一言でいうと「ピントと明るさを固定してくれる」機能。

iPhoneのカメラでも使うことができ、画面を長押しするだけ簡単にロックをかけることができます。

「M(も)」にロックがかかっている状態

ということでさっそくイルミネーションを撮ってみますよ〜!

やってきたのは、みなとみらいにある広場。木々にはイルミネーションが施されています。いやぁ綺麗ですね〜(´∀`*)

この美しさを忘れないためにも、写真に残したい!とiPhoneカメラを起動してみると…全然綺麗に写らない><

そんな時に使いたいのが、先ほど説明したAF/AEロック。ですがイルミネーションの場合ロックする位置が重要です。

例えば明るいイルミネーションでロックしてしまうと…、

全体的に暗い写真となってしまいます。イルミネーションの光も小さく、ちょっとしょぼいイメージ…。

かと言って一番暗い部分をロックしてしまうと…、

白飛びがヒドい…(;´Д`)

なのでイルミネーションを撮る場合は明るすぎず暗すぎず、ちょうど中間ぐらいの部分でロックすればOK!

この被写体の場合なら、この辺りを長押ししてロックをかけましょう。

すると…かなりいい感じの写真になりましたよ!イルミネーションの光もふんわりとしています(´∀`*)

わかりやすく並べてみると…だいぶ違いますね!

ということで、イルミネーションや夜景を撮る際は「明るすぎず暗すぎない、中間地点を長押し」と覚えておきましょう!

とは言え白飛びは論外にしても、イルミネーションにピントを合わせて暗くするパターンは、周りのビル等も暗くなるので「イルミネーションだけを際立たせたい!」なんて時には使えるかもしれません。

これからイルミネーション見物に行く方は、ぜひ色々と試してみてくださいねッ!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事