【小技】文字入力が3倍早くなる!iPhoneキーボードの隠し機能8つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.08.07小技

こんにちは、SHANです。

iPhoneには各国の言語が簡単に入力できるように様々キーボードが用意されており、必要に応じて切り替えて使っていますよね。

しかし実は、文字を快適に入力するには”なるべくキーボードを切り替えずに”入力した方が無駄が無く入力できるんです。

そこで今回は、文字入力時間が早くなるiPhoneキーボードの小技8つをご紹介します!

【 目次 】

こちらは目次です。クリックすると、その項目までジャンプします。

  1. 「@」や「. 」を一発で入力する方法
  2. 「…」を一発で入力する方法
  3. 「々」を一発で入力する方法
  4. 「」をスムーズに入力する方法
  5. 全角英数字を入力する方法
  6. キーボードの種類を一発で切り替える方法
  7. フリック入力を快適にする方法
  8. いらないキーボードを無効にする方法

1. 「@」や「. 」を一発で入力する方法

英字と数字が混在した文章で「英字」⇔「数字」⇔「記号」と、そのたびにモードを切り替えるのは意外に面倒だと思います><

そんな時は、「123」キーや「#+=」キーを長押しして指をスライドする方法を覚えておくと便利なんです!

例えばこのようにアドレスを入力していて、「@」が打ちたい!という場面があった時、左下の「123」キーを長押ししましょう!

するとキーボードが英字から数字キーに一時的に変わります。あとは長押ししている指を「@」までスライドさせて離しましょう。

すると「@」が入力されたあと、キーボードが自動的に英字に戻るのでいちいちキーボードの切り替えをしなくても済むので、入力の流れが途切れません!

▲目次に戻る

2. 「…」を一発で入力する方法

日本語(かな)キーボードを使っているときに「…」を入力するなら、入力モードを数字に切り替えて、「0」キーを上にフリックすることで入力することができます。

キー上にも「…」が表示されているのでわかりやすいですね。

▲目次に戻る

3. 「々」を一発で入力する方法

「佐々木」や「時々」などの文字でお馴染みな「々」という漢字ですが、なんと日本語(かな)キーボードを使えば簡単に入力できてしまうんです!

日本語(かな)キーボードで「8」キーを上にフリックするだけ!さらに、そのときの変換候補から「ゝ」「ゞ」「〃」「仝」も入力することができちゃうんです。

これらは「てん」や「どう」と入力して変換候補から探す方法もあるので、自分がスムーズに入力できる方法をオススメします。

▲目次に戻る

4. 「」をスムーズに入力する方法

iPhoneでは入力しづらい「」をスムーズに入力する方法をご紹介します。

まず、「ユーザー辞書」に(「)を「たあか」で登録してください。そして同様に(」)を「はらや」で辞書登録しましょう。

すると「たあか」と入力すると(「)が、「はらや」と入力すると(」)が変換候補に出現します。キーボード上での形が(「」)となるので、直感的に入力することができますよー!

(「」)を入力するためにキーボードを変更する必要もないので、(「」)の入力がとってもスムーズになります。

▲目次に戻る

5. 全角英数字を入力する方法

全角の英数字や記号を入力する場合、日本語ローマ字キーボードが便利なんです。

各キーを長押しすると、ポップアップにそれぞれのキーの全角文字も候補として現れるので、全角文字の方に指をスライドすれば入力することができます。

とっても簡単に全角文字を打つことができるので、全角英数字を連続して使いたい時にもオススメです。

▲目次に戻る

6. キーボードの種類を一発で切り替える方法

キーボードの種類を切り替えるには、地球のキーをタップするとキーボードの種類が切り替わるのですが使いたいキーボードを表示するために、何度も地球のキーをタップしなければなりません。

そんな時は、「地球のキー」を長押ししてキーボード一覧を表示させ、その中から使いたいキーボードを選択しましょう!

これだけの操作で簡単に目的のキーボードに切り替えることができるのでとっても便利です。

▲目次に戻る

7. フリック入力を快適にする方法

フリック入力に慣れてきたら、ガラケーのような入力方法を無効にして更に使いやすくキーボードをカスタマイズすることをオススメします!

設定はとっても簡単で『設定』アプリから「一般」→「キーボード」→「キーボード」→「日本語かな」→「フリックのみ」をオンに設定すれば完了です。

フリックのみにすると、キーボードの左側の部分が「123」キーや「ABC」キーへとダイレクトに切り替えられるボタンに変わるので、キーボードの切り替えが必要なくなりますね!

「あああ」や「かかか」などの連続した文字も、打ちやすくなるので是非利用してみてください。

▲目次に戻る

8. いらないキーボードを無効にする方法

複数のキーボードを利用しないという人は、使わないキーボードを無効にしてしまいましょう。

キーボード無効の設定方法は上の「フリックのみ」の設定と途中まで同じで、『設定』アプリから「一般」→「キーボード」→「キーボード」と進み、不要なキーボードを左にスワイプすればOK!

一度無効にしたキーボードは後から追加もできますのでご安心ください。

▲目次に戻る

いかがだったでしょうか。今回はiPhoneでの文字入力がラクになる小技を8つご紹介しました。

初期設定のままのキーボードだと色々使いにくい点もあると思うので、記事を参考にして自分が使いやすいキーボードへとカスタマイズしてみてくださいねー!

関連する記事