【小技】うっかり消してしまう前にやっておこう!iPhoneからアプリを削除させない方法

更新日:

by SHAN

こんにちは、SHANです。

iPhoneのアプリを整理している時に、消すはずじゃないアプリをうっかり消してしまったり、子供にiPhoneを渡した時に消されてしまったりすることがありますよね><

そんなに使わないアプリならまだいいものの、頑張って進めたゲームのデータやLINEの大事なトーク履歴などが消えてしまったら大変です。

そこで今回は、アプリをiPhoneからうっかり削除させない方法をご紹介していきたいと思います。

設定アプリの「機能制限」を使おう!

まずはiPhoneの『設定』アプリから「一般」へと進み「機能制限」を選択しましょう。

続いて「機能制限」の中の「機能制限を設定」を選択します。

すると4桁のパスコードを要求されるので入力してください(※解除の際に再入力が必要になります)。

パスコードを設定したら「Appの削除」という項目をオフに設定しましょう。

以上で設定は完了です。これでアプリを長押ししても、アイコンが震えるだけで削除することはできなくなります。

再びアプリを削除できるようにするには、先ほどの手順を再度行って「Appの削除」をオンに設定すれば元通りになりますよ~!

これで誤ってアプリを消してしまうことを防げて安心ですね。大事なデータが心配な方は設定しておくといいかもしれません。

楽天モバイル無料キャンペーンが3ヶ月に

 上限に達するまえに、急げ!

SHANはこう思う!
子供にiPhoneを貸すときは注意が必要です。子供には分からないので、大人が先回りして対策してあげるのがいいと思います。機能制限には他にも便利な機能が沢山あるので、試してみてはいかがでしょうか。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事