このサイトはアフィリエイト広告を利用してます

Apple macOS13.5開発者向けRCリリース!目的は主にバグ修正?

Mac

macOS13.5ベータ5のリリースから1週間、Appleは開発者向けにmacOS13.5RC版をリリースしました。

Apple macOS13.5開発者向けRCリリース

macOS13.5開発者向けRCのリリースノートには、「アプリを更新して新しい機能を使用し、APIの変更に対してアプリをテストします」とあり、新機能について記載はありませんが、バグ修正について3つの記載があります。

Apple

macOS13.5開発者向けRCまでに記載された、未解決も含むバグの内容は、以下の通りです。

  • スタートアップセキュリティユーティリティ:(既知の問題)セキュアブートポリシーが「セキュリティなし」に設定されている、Apple T2セキュリティ チップを搭載したIntel MacでmacOSリカバリのスタートアップセキュリティユーティリティは、更新後に管理者パスワードを受け付けない場合があるバグ
  • SwiftUI:NSHostingViewNSPrintOperationを使用して印刷すると表示されない問題を修正
  • Finder:不明なエラーにより iPod shuffle(第3世代および第4世代)が同期できない問題を修正

iOS16.6ベータ1では、「設定」アプリで、メッセージアプリの連絡先キー検証設定が追加されましたが、iOS16.6で有効になった場合、メッセージアプリの連絡先キー検証設定はクロスプラットフォーム設定であるため、macOS13.5にも含まれることになります。

AppleはmacOS13で計画していた機能のほとんどをすでに提供しているため、macOS13.5にどんな新機能が追加されるのかは不明で、システム全体のパフォーマンス向上のため、バグ修正に重点を置く可能性があります。

ベータ版はバグでデバイスが動かなくなるなどの不具合が発生する可能性があるので、ベータ版を利用するときはサブ機で利用するなど注意が必要です。

RC版はリリース候補版であり、もう間もなくmacOS13.5が正式リリースされる可能性があります。

macOS13.5の新機能が見つかったときは追加記事をリリースします。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

タイトルとURLをコピーしました