Apple Vision Proに使用時の速度制限有り!飛行機などでの利用にはトラベルモード

周辺機器 (アクセサリ)
Apple

Appleは昨日、史上初のvisionOS1.0開発者ベータ版を公開しましたが、コード分析から使用時の速度制限があることが判明しました。

Vision Proに使用時の速度制限が有ることが判明

9to5Macは、visionOSの内部コードを分析し、Vision Proを装着している人に「危険な速度で移動している」ことを知らせるアラートが備わっていることを発見しレポート。

9to5Macによると、visionOSコード内には別の警告メッセージもあり、「安全な速度に戻るまで、仮想コンテンツは一時的に非表示になっています」とユーザーに警告が表示されるとのことです。

Vision Proの速度制限システムは、ユーザーが車の運転中などにVision Proの利用により危険にさらされないように保護する目的があるようで、高速移動中にヘッドセットが作動しない可能性があります。

ただし、飛行機などの乗り物で高速移動中にVision Proを使いたいときには、visionOSにデバイスを操作できるように設計された「トラベルモード」があることが判明。

visionOSには、「飛行機に乗っている場合、Apple Vision Proを使い続けるにはトラベルモードをオンにしておく必要があります」というメッセージがコード内に存在するとのことです。

ただし、visionOSコードの分析からトラベルモード使用時には制限があることが分かっており、トラベルモード使用時には入力が制限され、トラベルモードが機能するにはユーザーは静止している必要があるとのことです。

【Amazonの裏技】検索で「アレ」を追加すると、信頼度が一気に上がる

タイトルとURLをコピーしました