iPhone15 ProモデルのLiDARスキャナーのサプライヤーが判明!ソニーが独占

投稿日:

by saki

Apple

Appleは今年2023年9月にiPhone15シリーズを発売すると予想されていますが、iPhone15 ProモデルのLiDARスキャナーの性能とサプライヤーが判明し、話題になっています。

iPhone15 ProモデルのLiDARスキャナーの独占サプライヤーはソニー

Appleの著名なアナリストのミンチー・クオ氏はTwitterで、SonyがLumentumとWIN Semiに代わって、iPhone15 ProとiPhone15 ProMaxのLiDARスキャナーコンポーネントの独占サプライヤーになるとレポート。

LiDARスキャナーの主な部品は、ToF(Time of flight)センサー付きのVCSEL(垂直共振器型面発光レーザー)で、発したレーザーが反射されて跳ね返ってくる時間で距離を測定することができます。

クオ氏は、ソニーのiPhone15 ProモデルのToFセンサー付きのVCSELの設計は、VCSELとドライバーICを統合し、消費電力を削減しバテリー寿命を伸ばし、、同じ消費電力でより優れたToFパフォーマンスを提供するためカメラやARアプリケーションに有益だと伝えています。

LiDARスキャナーは、2020年のiPad Proで最初に導入され、その後 iPhone12 Proに追加されました。

ハードウェアでLiDARスキャナーが搭載されるのは、引続きProモデルだけではないかとのことで、iPhone15 ProとiPhone15 ProMaxだけが、LiDAR スキャナーを搭載すると予想されています。

iPhone15 Proモデルのステンレス鋼はチタンフレームに置き換えられ、触覚ボリュームボタンがあり、USB-Cポートとより高速なプロセッサに切り替わると噂されています。

【Amazonの裏技】検索で「アレ」を追加すると、信頼度が一気に上がる

写真:Apple

関連記事