iPhone15はWi-Fi 6Eをサポート?アナリストレポート

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは今年2023年9月にiPhone15シリーズを発売すると予想されていますが、iPhone15シリーズで初期の試作段階(NPI)が開始されたことが2週間前に伝えられました。

アナリストからiPhone15シリーズはWi-Fi 6Eをサポートするのではないかとレポートがあり、話題になっています。

iPhone15はWi-Fi 6Eをサポート?

Appleは、2022年10月に発売された11インチと12.9インチのiPad Pro、先週発表された14インチと16インチの MacBook Pro、Mac miniでWi-Fi 6Eのサポートを追加しましたが、iPhone14シリーズはWi-Fi6がサポートされています。

MacRumorsによると、BarclaysのアナリストのBlayne Curtis氏とTom O’Malley氏は、今週共有した調査ノートで、iPhone15シリーズがWi-Fi 6Eをサポートすることをレポート。

この機能がiPhone15シリーズのすべてのモデルで利用可能になるのか、それともiPhone15 Proモデルに限定されるのかは不明です。

Wi-Fi6は2.4GHzおよび5GHz帯域で動作し、Wi-Fi 6Eは6GHz帯域でも動作するため、ワイヤレス速度の高速化、遅延の低減、信号干渉の低減が可能になります。

Appleの記事で著名なブルームバーグのマーク・ガーマン氏によると、iPhone15シリーズはiPhone14シリーズと同じ4つの画面サイズで提供され、iPhone15、iPhone15 Plus、iPhone15 Pro、iPhone15 ProMax(Ultra)の4モデルが想定されています

iPhone15 Proモデルのステンレス鋼はチタンフレームに置き換えられ、触覚ボリュームボタンがあり、USB-Cポートとより高速なプロセッサに切り替わると伝えています。

iPhone15標準モデルは、 Dynamic Island、Lightningと同じ転送速度のUSB-C ポート、48MPのカメラが搭載されると予想されています。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事