Apple 2022年第3四半期に54万個以上のアプリをApp Storeから削除!ホスト数は過去7年間で最低に

投稿日:

by kenji

Appleは今年4月、App Storeの改善プロセスの中で、3年間更新されず、最小ダウンロードしきい値を満たしていないアプリは削除することを伝えています。

実際に、Appleは多くのアプリをApp Storeから削除したことがレポートされ、話題になっています。

Appleが2022年第3四半期に54万個のアプリをApp Storeから削除

Apple Insider Newsによると、Finboldは、AppleのApp Store内のアプリ数の変化についてレポート。

Finboldによると、Appleは、2022年第3四半期には54万個以上の放棄されたアプリを削除し、その結果、App Storeでホストされているアプリの数は2015 年以来最も少なくなったとのことです。

Finboldのデータによると、現在App Storeにあるアプリの数は1,642,759個で、2022年第2四半期から24%減少し、ホスト数は過去7年間で最低になりました。

多くのアプリの削除にもかかわらず、マーケットプレイスにあるアプリの総数で、Google Playストアに次いで、Appleは2位です。

App Storeから削除されたアプリは、ユーザーのデバイスに既にダウンロードされているアプリには影響がなく、アプリ内購入などの機能は引き続き機能するように設定されています。

中古iPhoneの購入方法と知っておきたい8つの注意点


関連記事