Apple AirDropの「すべての人」オプションに10分の時間制限!中国から開始し来年すべてのユーザーに

投稿日:

by kenji

Apple

iOS16.1.1とiOS16.2ベータ版で、中国でAirDropに時間制限が追加されたことが発見されていましたが、Appleは来年、すべてのユーザーのAirDropの「すべての人」オプションに時間制限を追加するとのことです。

AppleがAirDropの「すべての人」オプションに10分の時間制限追加

MacRumorsによると、Bloombergは、AppleがAirDropの「すべての人」オプションに10分の時間制限を追加することについてレポート。

中国でAirDropを使用して反政府資料を広める事件が発生したため、iOS16.1.1とiOS16.2ベータ版では、AirDropの「すべての人」オプションに10分の時間制限が追加されたことが発見されています。

中国では、AirDropの「すべての人」オプションが「すべての人10分間」に置き換えられており、10分が経過すると、AirDropは自動的に「連絡先のみ」の設定に切り替わります。

2011年にAirDropが開始されてから、ショッピングモールや飛行機などの混雑した場所で、AirDropを介して不適切な写真が広められる事件などが発生しています。

AppleはBloombergのマーク・ガーマン氏に、望ましくないファイル共有を減らすために、来年中に新しいAirDrop設定をグローバルに展開する予定であると語ったとのことです。

Apple Watchでビデオ通話ができるバンドがコチラ!カメラ内蔵で8GBのストレージ

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事