Apple macOS13.0.1リリース!目的はバグ修正とセキュリティアップデート

投稿日:

by kenji

Apple

macOS13がリリースされてから約2週間半、Appleは本日、すべてのユーザーにmacOS13.0.1をリリースしました。

Apple macOS13.0.1リリース

Appleは、10月にリリースされたmacOS13のマイナーアップデートであるmacOS13.0.1をリリースしました。

Appleによると、macOS13.0.1の目的はバグ修正とセキュリティアップデートで、リモートユーザーによる予期しないアプリの終了や任意のコードの実行を可能にする2つのセキュリティ脆弱性に対処しており、どちらも実際に悪用されたことは知られていません。

Appleによるセキュリティアップデートの詳細は、以下の通りです。

libxml2

対象: macOS Ventura

影響:リモートユーザーがアプリを予期せず終了させたり、任意のコードを実行したりする可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、整数オーバーフローに対処しました。

libxml2

対象: macOS Ventura

影響:リモートユーザーがアプリを予期せず終了させたり、任意のコードを実行したりする可能性がある。

説明:この問題は、チェックを強化することで解決されました。

修正後の不具合やアップデートの感想については、後ほど追加記事をリリースします。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:MacRumorsApple 写真:Apple

関連記事