M2‌チップ搭載iPad‌ Proの新機能ProResビデオは標準カメラアプリでのサポートなし!サードパーティアプリが必要

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは今週、M2‌チップ搭載11インチと12.9インチのiPad‌ Proを発売。

iPad‌ Proに追加された新機能ProResビデオは、搭載されている標準カメラアプリではサポートされていないことが判明し、話題になっています。

M2‌チップ搭載iPad‌ ProのProResビデオ撮影にはサードパーティアプリが必要

9to5Macによると、MacOtakaraは、M2‌チップ搭載iPad‌ ProのProResビデオ撮影の方法についてレポート。

MacOtakaraによると、iPadに搭載されている標準カメラアプリでProResビデオを撮影しようとしても設定にオプションがなく、サポートされていないことが判明。

M2‌チップ搭載iPad‌ ProでProResビデオを撮影するために、App Storeからダウンロードしたサードパーティアプリを使用する必要があり、MacOtakaraは、FiLMiC Proを使用して撮影することができることを確認。

サードパーティアプリをインストールすると、ProRes709かProRes2020コーデックを選択してProResビデオを撮影できるとのことです。

9to5Macは、Appleが意図的にユーザーが標準カメラアプリでProResビデオを撮影できないようにしているのか、標準カメラアプリにProResオプションがないことが単なるバグなのかは不明だと伝えています。

iPhone14シリーズ発売後4G対応機種の中古売買価格大きく下落!iPhone11やXRなど

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事