iPadOS16.2ベータ1でM1とM2チップ搭載iPadでStage Managerの外部ディスプレイサポート機能追加

投稿日:

by kenji

Apple

AppleはiPadOS16.2ベータ1を本日開発者向けにリリースしましたが、Stage Managerの外部ディスプレイサポート機能が追加されたとのことです。

iPadOS16.2ベータ1でStage Managerの外部ディスプレイサポート機能追加

iPadOS16.1ベータ4では、11インチiPad Pro (第1世代以降) と12.9インチiPad Pro (第3世代以降) で、M1チップだけでなく、A12XチップとA12Zチップを使用する2018年と2020年モデル以降でStage Managerが利用できるようになりましたが、Stage Managerの外部ディスプレイサポート機能が削除されました。

MacRumorsによると、iPadOS16.2ベータ1で、M1とM2チップ搭載iPad向けの、Stage Managerの外部ディスプレイサポート機能が追加されたとのことです。

Stage Managerは、M1とM2チップを搭載していない古いモデルのiPad Proでも利用できますが、外部ディスプレイサポート機能はM1とM2チップ搭載iPad専用の機能になります。

外部ディスプレイのサポートにより、 iPadだけで利用できる4つのアプリだけではなく、Stage Managerで最大8つのアプリを使用できるとのことです。

「IPX7」のIPXって何?防水規格について詳しく解説するぞ

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事