iOS16.2ベータ1緊急SOSフィードバック機能追加!意図しないトリガーをAppleに報告

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは今週、iOS16.2ベータ1をリリースしましたが、意図しない緊急SOSをAppleへ報告するフィードバック機能が追加されました。

iOS16.2ベータ1緊急SOSで意図しないトリガーを報告する機能追加

緊急SOS機能は、iPhoneのボタンを数秒間押し続けるだけで緊急サービスにすばやく電話をかけることができる機能です。

9to5Macによると、iOS16.2ベータ1で、Appleは、緊急SOSが意図せずにトリガーされたときにユーザーがAppleへ報告するフィードバック機能を追加。

iPhone14シリーズでは、緊急SOS機能が衝突事故検出機能と統合されています。

iOS16.2ベータ1では、ユーザーが緊急SOSをキャンセルしたときにフィードバックを求めるようになり、システムはフィードバックアシスタントを開いて、Appleにその瞬間に何が起こったのか報告を送信する通知を表示します。

以前、iPhoneとApple Watchのユーザーが、ジェットコースターに乗っているときに誤ってデバイスのボタンを押して緊急SOSをトリガーしていたというレポートがありました。

9to5Macは、Appleがフィードバックを得て、緊急SOS機能を改善し、誤検知を回避することに関心を持っていることは間違いなく興味深いと伝えています。

【Amazonの裏技】検索で「アレ」を追加すると、信頼度が一気に上がる

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事