iPhone15 Proは8GBのRAMとUSB-Cポート搭載?市場調査会社レポート

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは来年2023年9月にiPhone15シリーズを発売すると予想されていますが、市場調査会社がiPhone15シリーズについてレポートを出し、話題になっています。

iPhone15 Proは8GBのRAMとUSB-Cポート搭載?

MacRumorsによると、市場調査会社TrendForceはプレスリリースで、iPhone15シリーズについてレポート。

TrendForceによると、iPhone15シリーズはiPhone14シリーズと同様に4モデルで構成され、iPhone14シリーズ同様、2つのProモデルのみがAppleの最新プロセッサA17 Bionic チップを搭載し、標準モデルはA16 Bionic チップを搭載します。

TrendForceは、iPhone14 Proモデルの6GBと比較して、iPhone15 ProモデルにはA17チップを補完するために8GBのRAMが搭載され、標準モデルは引き続き6GBのRAMを搭載すると予想しています。

iPhone15シリーズは、LightningポートからUSB-Cポートへの切り替えも予想されています。

TrendForceは、iPhone15 ProMaxは、メインカメラが8Pにアップグレードされ、潜望鏡レンズが搭載されると予想しています。

TrendForceによると、Appleは独自モデムのmmWave信号テスト結果がAppleの要件を満たしていないため、iPhone15シリーズには引き続き5G用のQualcommのモデムが搭載されるとのことです。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事