iPhone15でUSB-Cポート搭載はProモデルだけ?Appleにくわしい業界関係者がリーク

投稿日:

by kenji

9to5Mac

先日、EUでは2024年からiPhoneにUSB-Cポート搭載を義務付ける法案が通過しました。

AppleがiPhone15シリーズで、LightningポートからUSB-Cポートに切り替えるための内部テスト中だとレポートされましたが、Appleにくわしい業界関係者から新たなリーク情報があり、話題になっています。

iPhone15でUSB-Cポート搭載はProモデルだけ?

iPhone15シリーズでUSB-Cポート搭載はProモデルだけであるとTwitterで共有したのは、Appleの有名なリーカーLeaksApplePro氏。

LeaksApplePro氏によると、2023年発売のiPhone15の非プロモデルではLightningポートが搭載され、iPhone15 ProモデルはUSB-Cポートに移行するとのことです。

2024年秋までにAppleはiPhoneにUSB-Cポートを搭載しなければならないEUの決定を受けて、Appleに圧力がかかっているため、2023年からLightningポートからUSB-Cポートへ移行が開始されるもようです。

LeaksApplePro氏はiPhone16でUSB-Cポートへ完全に切り替わり、Appleがポートレス(MagSafeのみ)の設計を備えている可能性のあるiPhone16 Proモデルを発売すると伝えています。

2020年にiPhoneに導入されたMagSafeはピーク電力供給は現在15Wであり、40〜60Wが一般的で240W充電が発表されているAndroidのUSB-Cポートでの急速充電の速度をはるかに下回っており、MagSafe充電のみのiPhoneが発売されるかどうかは今後の開発に左右されます。

Forbesによると、2023年にiPhone15 proモデルでUSB-Cポートをテストすることはおそらく賢明ではあるが、この動きは顧客を混乱させ、標準モデルの需要を減らし、2012年にiPhone5でLightingポートが導入されたときのDockコネクタを使用する古いiPhone同様、再販価値を破壊すると伝えています。

iPhoneでアプリがクラッシュしたり不具合が発生!6つの原因と7つの解決方法

参考:Forbes 写真:9to5Mac

関連記事