iOS16メッセージアプリで編集・送信取消・未読マークなど新機能追加!時間制限があることが判明

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは、昨日のWWDC2022の基調講演での正式発表後、開発者向けにiOS16ベータ1をリリースしました。

iOS16ベータ1では、メッセージアプリで多くの新機能が追加されましたが、時間制限があることが判明しました。

iOS16メッセージアプリで追加された編集・送信取消・未読マークをつけるなどの新機能

AppleはiOS16で、メッセージアプリに編集、送信取消、既読の会話を未読としてマークをつける新機能を追加。

事後に編集されたメッセージは、配信ステータスの横に「編集済み」で表示されるので、メッセージの受信者も一目でわかります。

編集や送信取消には時間制限があり、送信されてから最大15分間です。

Apple

SharePlayも直接統合しているため、映画を一緒に見るなどのアクティビティを共有することもできます。

iOS16では、音声入力のディクテーション機能を改善し、タッチ入力と音声入力で編集できます。

iOS16でメッセージアプリに追加された機能は、やり取りするユーザー同士がともにiOS16を実行しているときだけ利用できるとのことです。

iPhone発火を予防するための5つの注意点!日本や海外で過去に火災発生も

参考:9to5MacMacRumors 写真:Apple

関連記事