iPhone14のA16チップが5nmプロセスで製造される理由は?アナリストが解説

投稿日:

by kenji

Technizo Concept/YouTube

Appleは今年2022年9月頃に、iPhone14シリーズを発売すると予想されています。

iPhone14シリーズに搭載されるA15チップとA16チップがTSMCの5nmプロセスで製造されるとリーク情報が流れましたが、アナリストが理由を解説して話題になっています。

iPhone14のA16チップが5nmプロセスで製造される理由は?

iPhone14のA16チップが5nmプロセスで製造される理由をTwitterで解説したのは、Appleの著名なアナリストミンチー・クオ氏。

TSMCの製造プロセスのロードマップ(出典: tinyurl.com/2nvtulox )によると、N5PとN4はAppleが2022年後半に製造に使用できる最新のテクノロジーですが、N4にはN5Pと比較して利点はないため、A16チップの製造で5nmプロセスに固執するのは合理的だとのことです。

クオ氏によると、大幅に優れたN3とN4Pは、2023年まで量産を開始しないとのことです。

そのためクオ氏は、A16によるパフォーマンスと省電力の改善は制限されると伝えています。

9to5Macは、iPhoneチップが3年連続で同じ製造プロセスを使用することは一般的ではなく、今年は、おそらく継続的なチップ不足のために、技術の限界を押し上げることができないのは、Appleチップの製造パートナーであるTSMCのようだと伝えています。

「IPX7」のIPXって何?防水規格について詳しく解説するぞ

参考:9to5Mac 写真: YouTube

関連記事