記事内にアフィリエイト広告が含まれます

iPhoneがAndroidよりも再販価格が高い3つの理由!米メディアが分析

iPhone
Apple

Apple系情報メディアのiGEEKSBLOGは、iPhoneがAndroidスマートフォンよりも再販価格が高い理由を分析。

毎年Apple製品を購入する人々の熱意の背後にある理由の1つに、再販価格がAndroidスマートフォンよりも高いことをあげています。

iPhoneとAndroidスマートフォンの再販価格の比較

BankMyCellはiPhoneとAndroidスマートフォンの再販価格をレポート。

iGEEKSBLOGは電話の購入後の3つの異なる時点(1年後、2年後、4年後)でiPhoneとAndroidスマートフォンの再販価格を比較しました。

  • 1年後: iPhoneは1年で新品と比べ16.7%下落。Androidスマートフォンは新品に比べ33.6%下落。
  • 2年後:iPhoneは2年で新品と比べ35.5%下落。Androidスマートフォンは新品に比べ62.5%下落。
  • 4年後:iPhoneは4年で新品と比べ66.4%下落。Androidスマートフォンは新品に比べ81.1%下落。

iPhoneがAndroidよりも再販価格が高い3つの理由

iGEEKSBLOGは、iPhoneがAndroidスマートフォンよりも再販価格が高い理由を3つあげています。

iPhoneと違いAndroidスマートフォンでは中古購入のインセンティブが働かない

2021年も9月にiPhone13シリーズ4モデルだけを発売。

これに対し、AndroidスマートフォンはSamsung、OnePlus、Google、Motorola、Xiaomiなどの多くの企業によって製造されており、さまざまな価格や機能で、ユーザーは購入オプションが増えます。

ユーザーは中古のAndroidスマートフォンを購入する代わりに、新品のAndroidスマートフォンを簡単に購入でき、中古購入のインセンティブが働かないので、再販価格が低くなるのではないかとのことです。

iPhoneはサポート期間が長い

iPhoneは販売後iOSのアップデートのサポート期間が5〜6年あります。

これに対し、Androidスマートフォンでは、OSのアップデートのサポート期間は2〜3年であることが多く、iPhoneと比べてサポート期間が短いといえます。

iPhoneは長持ち

iPhoneは長持ちするように作られています。

それに対し、Androidスマートフォンは、一定期間が経過すると正常に機能しなくなるように製造され、ユーザーへ買い替えを促すと言われています。

例外が1つあり、GoogleのPixelモデルは長年にわたって優先的な更新とサポートを提供され、Pixelモデルは、他のAndroidと比較した場合、iPhoneほどではありませんが、再販価格が高くなる傾向があります。

iPhone13中古販売価格を維持!Samsung Galaxy S22やGoogle Pixel 6と比較して

LINEMO LINEMO
タイトルとURLをコピーしました