Apple iPhone SE3の生産を大幅削減!需要に合わせてiPhone13を増産

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは2022年3月18日にiPhone SE3の発売を開始したばかりですが、Appleが生産を大幅に削減したとのアナリストの分析がレポートされ、話題になっています。

Apple iPhone SE3の生産を大幅削減

投資情報を掲載しているSeeking Alphaで、ループキャピタルのアナリストのジョン・ドノバン氏は、AppleはiPhoneの生産を2億5400万台から900万台を削減。

予想外に低い需要のためにiPhone SE3の注文を大幅に削減し、2022年のiPhone SE3の生産を2000万台削減する可能性が高いと伝えています。

ドノバン氏によると、iPhone12MiniとiPhone13Miniの悲惨な結果を受けて、Appleは、小型のiPhoneは魅力が限られていることをようやく認識。

Apple

iPhone SE3の生産からiPhone13の生産へ転換しているとのことです。

Appleの著名なアナリストのミンチー・クオ氏も最近、iPhone SE3に関する販売予測を2500万台-3000万台から1500万台-2000万台に下方修正しました。

しかし、Seeking Alphaで投資会社UBSのディビッド・フォークト氏は、iPhone12やiPhone13などのハイエンドデバイスを使用しているユーザーは、Apple Music、Apple TV +、iCloudなどのAppleサービスの収益を促進すると分析しています。

Apple iPhoneSE3を20パーセント減産?ウクライナ戦争と需要低迷が影響

Apple iOS15とmacOS12での作業をいったん停止!WWDC2022で発表するiOS16とmacOS13に注力

iOS15.4.1の新機能をチェック!不具合やアップデートの感想は?

参考:Seeking AlphaSeeking Alpha、 via 9to5Mac 写真:Apple

関連記事