Apple iPhoneとiPadのサブスク計画?2022年後半から2023年にかけて

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは、顧客がハードウェア製品を購入する方法を大幅に変更することを計画しており、ユーザーが月額のアプリ料金を支払うのと同じようにiPhoneiPadのハードウェアを購入できる、サブスクリプションを計画していると報じられました。

Apple iPhoneとiPadのサブスク計画?

Bloombergによると、AppleはiPhoneとiPadのサブスクリプションを計画しており、2022年末または2023年までに開始される可能性があるとのことです。

Appleは現在米国で、Apple Cardを使用してほぼすべてのハードウェア購入の資金を調達することを許可し、分割払いが可能です。

また、シチズンズバンクと提携してiPhoneアップグレードプログラムを運営し、ユーザーは12か月ごとに新しいiPhoneを利用できます。

Apple

日本でも、iPhone13では金利0%36回払いが可能で、支払い24回目の時点で買い替えオプションを申込むことで、Appleが対象となる下取り額を保証し残額に充当するプログラムを実施中です。

Bloombergによると、Appleは、アプリの購入やサービスの購読に使用しているのと同じAppleIDとApp Storeアカウントで、ハードウェアをサブスクリプションできるようにすることを計画しています。 

ただし、サブスクリプションサービスについては計画段階で、2022年末に開始される予定ですが、2023年に遅れるか、キャンセルされる可能性があるとBloombergは伝えています。

参考:Bloomberg via 9to5Mac 写真:Apple

関連記事