5Gは4Gよりもバッテリー寿命が短いことが明らかに!実験結果で判明

投稿日:

by saki

Apple

Appleは、iPhone12から5Gを導入し、今月2022年3月に発売されたiPhone SE3、iPad Air5でも5G接続がセールスポイントでした。

以前から、5Gの方が4Gよりもバッテリー寿命に影響を与える可能性が大きいことは指摘されていましたが、実験結果で明らかになりました。

実験結果で判明!5Gは4Gよりもバッテリー寿命が短い

The Wall Street Journalは、iPhone SE3、iPhone13 Pro、iPhone13 mini、iPad Air5で、品質を「自動」に設定して、YouTubeビデオを何時間ストリーミングできるか実験し、5Gと4Gのバッテリー寿命を比較。

超強力なミリ波5Gではなくサブ6GHz を使い、iPhone SE3とiPhone13 ProはT-Mobile回線で、iPhone13 miniとiPad Air5はVerizon回線での実験結果とのことです。

The Wall Street Journal

iPhone SE3は、5Gに接続すると4Gと比べた場合、約1時間バッテリー寿命が短くなりました。

iPad Air5とiPhone13 miniは約1.5時間、iPhone13Proは約2.5時間、5Gに接続するとバッテリー寿命が短くなったそうです。

5Gでを使用すると、4G接続よりも速い速度でデータが流れ、iPhoneやiPadのバッテリーの消耗が大きい可能性がありそうです。

Appleからユーザーへアドバイス!充電するときはカバーをはずそう

iOS15.4の新機能をチェック!不具合やアップデートの感想は?

オークション「スティーブ・ジョブズレボリューション」終了!珍しい小切手が16万ドル以上

参考: The Wall Street Journal via 9to5Mac 写真:Apple

関連記事