Appleからユーザーへアドバイス!充電するときはカバーをはずそう

投稿日:

by saki

Appleはユーザーへ「バッテリー寿命と寿命の最大化」について公式ページでアドバイスしています。

AppleからのAppleデバイスを最大限に活用するためのヒントをお伝えします。

Appleからの充電に関するすべてのデバイスに共通の4つのヒント

AppleからのiPhone、iPad、Apple Watch、Macなどのデバイスの充電に関する一般的な4つのヒントです。

最新のソフトウェアに更新

Appleソフトウェアのアップデートには、多くの場合、高度な省エネテクノロジーが含まれているので、最新のソフトウェアに更新することがおすすめです。

高温と低温を避ける

Appleデバイスにとって、16°から22°Cが理想的な温度です。

35°Cを超える温度にさらさないようにすることが特に重要で、高い周囲温度でデバイスを充電すると、デバイスがさらに損傷する可能性があります。

Apple

非常に寒い環境でデバイスを使用すると、バッテリーの寿命が短くなることがありますが、この状態は一時的なものです。

バッテリーの温度が通常の動作範囲に戻ると、パフォーマンスも通常に戻ります。

ケースをはずす

充電時にデバイスが熱くなることに気付いたときは、ケースを取り外します。

充電する前にiPhoneから特定の素材のケースを取り除くことも、バッテリーを寿命を延ばすのに役立ちます。

一部のケースでは過剰な熱が発生し、バッテリーの容量に影響を与える可能性があるためです。

たとえば、シックレザーなどの素材はシリコンよりも優れた絶縁体であるため、充電中にiPhoneが過熱する可能性が高くなります。

長期間保管するときは半充電で保管

Appleデバイスを長期間保管する場合、デバイスのバッテリーを完全に充電または完全に放電しないで、約50%まで半充電してください。

デバイスを6か月以上保管する場合は、6か月ごとに50%まで充電してください。

参考:Apple via MacDailyNews

関連記事