Apple M1Ultraチップの性能は?Mac Studioに史上初めて搭載

投稿日:

by saki

Apple

Appleは本日2022年3月8日(日本時間3月9日)のイベント「Peek Performance」で、M1Ultraチップを発表しました。

史上初めてM1Ultraチップを搭載したのはMac Studioでした。M1Ultraチップの性能をお伝えします。

Apple M1Ultraチップの性能

AppleのM1Ultraチップは、2つのM1Maxプロセッサを1つのチップとして組み合わせたものです。

M1MaxチップとM1Ultraチップの詳細は以下の通りです。

M1MAX

  • 10コアのCPU
  • 最大32コアのGPU
  • 最大64GBのユニファイドメモリ
  • 400GB/sのメモリ帯域幅

M1ULTRA

  • 20コアのCPU
  • 最大64コアのGPU
  • 最大128GBのユニファイドメモリ
  • 800GB/sのメモリ帯域幅

M1ULTRAの性能

M1Ultraは1,140億個のトランジスタを搭載し、800GB /秒のメモリ帯域幅2.5TB /秒のプロセッサ間帯域幅を備えています。

M1Ultraの20コアCPUプロセッサは、16個の高性能コアと4個の高効率コアが搭載されています。

M1Ultraには32コアのニューラルエンジンが搭載され、1秒あたり22兆回の演算処理が可能です。

M1Ultraに搭載された64コアGPUにより、2020年に導入されたM1チップと比較して8倍高速なGPUパフォーマンスが実現されます。

Apple

M1Ultraチップは、2つのビデオデコードエンジン4つのビデオエンコードエンジン、および4つのProResエンコード/デコードエンジンを備えた、ハードウェアアクセラレーションによるH.264、HEVC、ProRes、およびProResRAWのサポートを提供。

Appleは、M1Ultraチップが5nmプロセスで業界をリードするエネルギーパフォーマンスを提供できるとしています。

M1Ultraチップを搭載したMac Studioは、最大5台のディスプレイに対応できるとのことです。

参考:9to5Mac 写真:AppleApple

関連記事